sabaki_top

この記事では、釣りあげたばかりのタコを絞めて、更に料理する前の下処理までの方法を紹介します。

釣りの現場で下処理まで行っておくと、長い時間鮮度維持できるし、自宅での料理が楽です。

<関連記事> タコの釣り方はこちら


    釣りあげた状態のタコです。
    まだまだ元気です。

    sabaki1

  1. まずは、天国へ旅立ってもらいます。
    目と目の間の急所に、ナイフやイカ絞め器などで突き刺します。
    体の色が変化すれば、急所に刺さったことになりますのでOKです。

    但し、それでもしばらく動きますのでビニール袋などに入れてしばらく待ちます。

    sabaki4

  2. 動かなくなったら、次にヌメリを取ります。
    塩を手に取ります。

    sabaki3

  3. テキトウでいいのですが、全体に塩をかけてしまいます。

    sabaki5

  4. 後は、ひたすら塩をもみ込みます。

    ヌメリ成分が塩と共に少し泡立つようになります。

    sabaki6

  5. 泡立った部分は、海水に入れてもみ込みながら落としていきます。
    これを全体に何度か繰り返します。

    sabaki7

  6. キュッキュッといった感触になれば、ヌメリは取れています。

    sabaki8

  7. 次に、頭の袋を強引に裏返しにします。
    内臓が出てきますので、包丁やキッチンハサミなどで丁寧に白い薄皮を切り、少しずつ内臓を離していきます。

    sabaki9

  8. 内臓と身の部分を繋いでいるのは白っぽい薄皮です。
    ここを切って行きます。
    内臓そのものは、切らないようにします。

    sabaki10

  9. 切り離した内臓です。

    sbaaki11

  10. <関連記事> タコの内臓食べられます!

  11. 目の真下に包丁を入れ、頭の袋と足の部分を切り離します。
    そして、袋側に残っている目を切り落とします。

    sabaki12

    ※※頭部を切り離さない方法※※
    下写真の茹でタコのようにビジュアルを重視する料理の場合は、頭部を切り離さず目と口ばしを単体で切り取ります。

    茹でたタコ(2匹)

    左右および後ろ側から圧力を加え目および口ばしを少し飛び出た状態にすると切り取り易くなります。

  12. 足の部分に残った口ばしを包丁で切り取ります。

    sabaki13

  13. 最後に海水でキレイに洗います。

    sabaki14

  14. これで料理前の下準備はOKです。

    刺身にもできるし、火を使った料理もできます。

    sabaki15

  15. ここまでを釣りの現場でやっておくと自宅に帰ってからが楽ですので現場作業をお薦めします。

<関連記事> 
タコの生刺身の作り方はこちら

タコをやわらかくする方法はこちら


[Amazon PR] オススメ料理器具