0_便利な軽箱バン_TOP写真

釣行時の車中泊に適している車とは、どんなタイプでしょう?キャンピングカー? 1泊2泊の釣りには大袈裟すぎます・・・。
ハイエース?いいけど、ちょっと高いですね。ミニバン?デザインやスタイルにこだわりすぎ?釣りの実用性?
では、何がいいの?

前振りが長くなりましたが、そう軽箱バンが抜群にいいのです!
ここでは、釣行時の車中泊に大変便利で力を発揮するコストパフォーマンスに優れた軽箱バンというタイプの車について紹介します。

軽箱バンとは?

軽(ケイ) : 軽自動車
箱(ハコ) : 1BOX(ワンボックス)
バン    : バン=商用貨物車

と、三つの言葉を組み合わせた造語です。

こんな車です ↓
アトレーターボXX
(ちなみにこれは管理人の初代愛車『アトレーターボXX』です)

『商用貨物車』という分類だけあって、荷室が広い=荷物を沢山積めるのが特徴の車です。軽自動車ながらも積載能力抜群です。

どんな車があるのでしょう?

メーカー毎に現行車を紹介します。
どこのメーカーさんも同じシャーシでバンとワゴンの両方を販売していますが、現在はSUZUKIまたはダイハツのOEM製品が大半です。

メーカー バン ワゴン(参考)
SUZUKI エブリィ エブリィワゴン
DAIHATSU ハイゼット アトレーワゴン
SUBARU サンバーバン ディアスワゴン
HONDA アクティ バモス
NISSAN NV100クリッパー NV100クリッパーリオ
MITSUBISHI ミニキャブバン タウンボックス

※車名をクリックすると各メーカーさんのサイトに飛びます。

この様に、バンとワゴン両タイプがありますが、ワゴン車はいろいろな装備を豪華に搭載している為、就寝スペースという面ではバンに劣ります。(ワゴンは、後部座席が豪華タイプなので、折りたたんで荷室をフラットにできない車種があります。)

できるだけスペースを確保したい車中泊には、やはりバンが最適なのです。

フルフラット荷室  ←フルフラットな荷室はベッドに最適

やはり気になる自動車税

そして忘れてはならないのが、経済的メリットです。
毎年やってくる自動車税の時期は憂鬱ですよね。
ところが、この軽箱バンは、大丈夫なんです!

自動車税
 
(最初の新規検査年月が平成27年4月1日以降の車両は5,000円)

参考)2リッターミニバン  39,500円
   軽ワゴン        7,200円 
   (最初の新規検査年月が平成27年4月1日以降の車両は10,800円)

もちろん軽自動車ですから燃費もいいです。経済的に余裕のある方は、釣り専用のセカンドカーとしてもいいですね。
欲を言えば、燃費が今時の軽自動車みたいに30km/L位あれば、言うことないですね。
メーカーさんに期待しています。


[PR]
釣りライフをもっと快適にするために車を乗り換えるなら、カンタン無料一括査定で、愛車を「最高額」で売ろう!
車買取一括査定依頼[無料]

非公開車両が60万台以上!無料で中古車をお探しの方はこちら!
ズバット車販売