wakatentop

誰でもすぐにできるワカサギの天ぷら。
ウロコや内臓を取り除く必要がないので、道具と材料を事前準備しておけば、釣りの現場で簡単に作ることができます。
ワカサギ料理の定番、天ぷらの作り方をご紹介します。

<関連記事> ワカサギの釣り方はこちら


wakaten1wakaten2 【用意するもの】
市販の天ぷら粉
ワカサギ
シソ

フライパン
カセットコンロ

市販の天ぷら粉を使って、衣用の液を事前に準備しておきます。
(分量はそれぞれの製品の説明書きに従ってください)

衣液は密閉型保存袋に入れます。
二重にすると漏れ防止になりますよ。

この衣液をクーラーボックスに入れ、現場へ出発です!

wakasagi-top 1.
釣れたワカサギをきれいな水で水洗いします。
ウロコや内臓を取り除く必要はありません。
wakapan 2.
カセットコンロを点火し、油を1センチほどフライパンに入れて熱します。
周囲に火気厳禁のものがないか、また、油をこぼしてやけどをしたりしないように十分注意してください。
wakatenin 3.
クーラーボックスから天ぷら液を取り出し、水洗いしたワカサギを投入します。
wakatennshiso1wakatennshiso2 4.
このようにシソを巻いて揚げてみるのもよいです。
シソの香りで油っこさが和らぎ、これまた美味しいですよ。
wakaawawakatennage 5.
菜箸を入れた時に細かい泡が上がるようになったらワカサギを揚げていきます。
天ぷら液が満遍なくからまったワカサギを一匹ずつフライパンへ入れていきましょう。
数多く入れすぎると油の温度が下がってしまい、さっくり揚がらなくなるので、ワカサギの大きさなども考慮してフライパンに一度に入れる数を調整してください。
wakatennlast 6.
こんがりきつね色に揚がったら出来上がり。
熱々の内に早速いただきましょう!

<関連記事> ちょっと変わった料理も


[Amazon PR] オススメ料理器具