ボラチップ入り玉子丼

ボラチップ入り玉子丼_TOP写真

水の比較的綺麗な場所で釣れたボラ、更には寒ボラなら刺身が断然旨い!けれでも毎回刺身ではつまらない。たまには干して旨みアップしたボラを食べてみませんか?ここでは乾燥ボラチップの作り方、そしてボラチップを使った玉子丼のレシピを紹介しています。

刺身など一般的な料理に少し飽きたあなた、是非ともお試しください。

当サイトでは、ボラチップを使う料理として他にボラチップとキノコのアヒージョレシピを掲載しています。合わせてご覧くださいませ。

材料(一人前)
  1. 乾燥ボラチップ 20g(※作り方は下記参照)
  2. たまご 2個
  3. 玉ねぎ 中サイズ1/6個(30g)
  4. 麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ2杯
  5. 水 80ml
  6. 白飯 丼に1杯
  7. (オプション)ミツバ 1本
  8. (オプション)七味唐辛子 1つまみ
乾燥ボラチップの作り方
  1. まずはボラを捌き、柵を作ります。半身分用意します。(玉子丼一杯に使うボラは20gだけですが、チップにしておくと日持ちもするし、他の色々な料理に使えるので、まとめて半身または一匹分をチップにしてしまうことをお薦めします)

    ボラまな板ON

    ボラ柵

    ※ボラの下捌き(現場で行う)については、ボラ料理のポイントを参考にしてください。
    ※以降の詳しい捌き方については、ボラの刺身ページで詳しく紹介しています。

  2. 柵を5-7mm幅位に切っていきます。この時、刃の角度は柵の繊維角度(斜めになっています)に合わせてください。

    柵カット5-7mm幅

  3. 半身分全て切り終わりました。

    半身カット完了

  4. 15%程度の塩水を作り、そこに切り身を30分漬けます。(15%30分というのは、魚の一夜干しと同じ要領です)

    15%の塩水に漬ける

  5. 軽く水を切り、干しネットに並べ1-2日干す。天候状況にもよりますが、丸々1日(24時間)干すと切り身の表面が程よく乾燥し、2日(48時間)干すと内部までしっかり乾燥します。

    切り身を干す

  6. 干し終わった切り身(チップ)を密封袋に入れ、冷蔵庫で保管します。以上で乾燥ボラチップ作り完了です。この例では、2日間干しています。

    ボラチップ出来上がり

玉子丼の作り方
  1. 材料一式を用意しておきます。卵は溶き卵に、玉ねぎは薄くスライス。また、本レシピでは若干硬めのボラチップ食感になりますが、柔らかめが好みの方は、ボラチップを事前に水に漬けておきます(5-10分)。

    玉子丼材料一式準備

  2. フライパン(または雪平鍋など)に水と麺つゆを入れ、中火にセット。

    水と麺つゆ投入_中火開始

  3. 沸騰したら、薄切りにした玉ねぎを投入します。菜箸でくっ付いているパーツパーツを分離させながら、つゆに馴染ませます。

    玉ねぎ投入

  4. 玉ねぎが透明になってきたら、乾燥ボラチップを投入。ボラチップは、すぐに水分を吸って白く変色してきます。

    ボラチップ投入

  5. ボラチップ投入後、1分30秒後(だいたいの感覚でOKです)に溶き卵の7割を回し掛けます。注:卵を投入した後の作業は、卵に火が通るのが早いので、素早く行います。

    溶き卵回し掛け

  6. 菜箸で軽く混ぜながら、卵に火を通します。軽く混ぜることにより、ふわっとした食感が生まれます。

    溶き卵を混ぜ火を通す

  7. 卵に程よく火が通ったら(表面にはまだ溶き卵の液体部分が少し残っている程度)、残り3割の溶き卵を投入します。

    残り3割溶き卵投入

  8. 一呼吸置いてから、蓋をして火を止めます。

    一呼吸置いて蓋をする

  9. 20秒ほど放置(予熱利用)。写真のように、ちょっとトロミがかかった液体部分がかなり残っている位でOK。

    予熱20秒後

  10. ご飯をよそった丼の上に被せ掛けます。形を崩さない様に、フライパンから横スライドさせるように丼に被せます(卵がフライパンの底にくっ付いている場合は、フライ返しなどで底から分離させると良いでしょう)。ご飯部分が見えないように全体に万遍なく被せると見映えが良くなります。

    ご飯を盛った丼に乗せる

  11. 最後に、(お好みで)ミツバや七味唐辛子などを掛けて出来上がり!

    丼に盛ってミツバと七味掛け出来上がり

ふわふわトロトロの卵と塩味が効いたボラチップの歯応えが良いバランスを生み出して、絶品玉子丼になります!是非お試しください。


クレイジーフィッシングではボラの食べ尽しを提案しています。ボラの身だけでなく、皮、ヘソ、卵、ウロコなどを使った料理レシピを用意していますので、ご興味のある方は、下の「関連記事」からご覧くださいませ。


[PR Amazon] ボラ料理に使える道具


夜釣り-3(背景付き)(改400)
(インプレッション記事はこちら



関連記事

  • ボラチップとキノコのアヒージョボラチップとキノコのアヒージョ 水の比較的綺麗な場所で釣れたボラ、更には寒ボラなら刺身が断然旨い!けれでも毎回刺身ではつまらない。たまには干して旨みアップしたボラを食べてみませんか?ここでは乾燥ボラチップの作り方、そしてボラチップとキノコを使ったアヒージョのレシピを紹介しています。 […]
  • ボラの刺身ボラの刺身 水が綺麗なところで取れたボラ、特に寒ボラは真鯛に負けず劣らずの美味。折角釣れたボラをリリースするのはもったいないですよ。一度食べてみてください。次からは、お店で売っていたら、お金出してでも食べたくなりますよ! […]
  • カラスミの作り方カラスミの作り方 日本の三大珍味の一つであるカラスミは、ボラの卵巣から作ります。ボラの産卵期は、10月~1月と言われており、その期間に釣れるボラのお腹には、ぽってりとした卵巣が入っている可能性があります。卵を抱えたボラが釣れたら是非ともカラスミを作ってみましょう。 […]
  • ボラの皮湯引きボラの皮湯引き 日本沿岸の海洋汚染による悪化した環境は徐々に改善されていると言います。海が綺麗になると美味しくなるのが、ボラ。ボラはその身だけでなく、実は皮も美味しいのです。刺身などを作った後に残る皮でお酒にも合う一品を作ってみましょう。皮の湯引き、是非お試しください。 […]
  • ボラ料理のポイントボラ料理のポイント 黒鯛(チヌ)釣りなどの外道で掛かるボラ、西日本を中心に時期によっては、ボラ専門で狙う釣り人がいるほど大変美味しい魚でもあります。どこで釣ったどんなボラをどのように食べるのか、釣り人の為のボラ料理のポイントを紹介します。 […]
  • ボラのカシラ焼きボラのカシラ焼き ボラというだけで敬遠する人も多い魚。そのボラのカシラ(頭)部分を食べてしまおうというレシピです。どちらかというと、日本酒や焼酎でチビチビやりながら食べるといい料理です。当然、食べられる部位は少ないのですが、目玉などのカシラ焼きならではのご馳走部位もあります。 […]

広告欄



このページの先頭へ