ボラ_カシラ焼き_TOP写真

ボラというだけで敬遠する人も多い魚。
そのボラのカシラ(頭)部分を食べてしまおうというレシピです。
どちらかというと、日本酒や焼酎でチビチビやりながら食べるといい料理です。
当然、食べられる部位は少ないのですが、目玉などのカシラ焼きならではのご馳走部位もあります。

生き物を頂くからには無駄にせず食べ尽くす、これは日本人の美徳だと思います。

比較的水が綺麗な所で50㎝以上の大きなボラが釣れたら、是非ともカシラ焼きトライしてみてください。

<関連記事> ボラ頭を使う他のレシピ


※以下作業を行うには、切れる包丁が必要です。包丁は良く砥いでおきましょう。

  1. まずボラの頭をまな板に立てて置きます。
    真ん中から包丁を入れ、刃先にも手を当て体重を乗せ、切断します。
    *まな板は安定した所に置きましょう。

    頭部2分割

  2. 半分に割れました。
    エラが付いている場合は、ここで取り除きます。

    頭部2分割完了

  3. 頭部を水洗いします。
    特に喉元付近には泥が付着していることがあるので、丁寧に泥を落とします。

    頭部水洗い

  4. 胸ビレをキッチンバサミでカットします。
  5. 軽く水気を取り除き、次に少量の料理酒を全体に掛けます。
    ジャブジャブ掛けるのではなく、少量を掛けて塗るようなイメージです。
    (鮮度維持と臭み取りの意味合いがあります)

    料理酒掛ける

  6. 余分な料理酒を拭き取り、両面に塩を振ります。

    塩を振る

  7. ラッピングして、冷蔵庫に半日~1日置きます。

    冷蔵庫保管前

    可能であれば、ここまでの作業を釣った当日中にやっておくと良いでしょう。

  8. オーブンで焼きます。
    大きさにもよりますが、220度、25分を目安にしてください。

    オーブンで焼く

  9. 出来上がりです!お酒のお摘み(アテ)にピッタリです。

    出来上がり

箸だけで食べるのは大変です。
手も使うという前提で、手洗い用の水(またはお茶)と手拭いを予め用意しておくと良いでしょう。

食べられる部位

食べられる部位が少ないカシラ焼きだからこそ、小さな部位でもしっかり食べ尽したいものです。
※以下の写真は少々グロですので、苦手な方はここまでにしてください。

  1. カマの身。一番食べ応えがあり、また食べやすい部位でもあります。

    ボラのカマ部位

  2. 目を覆う部位。
    グミの様な食感があります。
    周辺のウロコが密着しているので、それらを手でむしり取る必要があります。

    グミ部位

  3. 目の周辺。筋肉の部分、奥にトロトロした部位があります。

    目の周辺

  4. 目玉の中身。トロトロで旨みがあります。
    白いBB弾の様な部位(レンズ)は硬くて食べられません。

    目玉部位

  5. 脳より鼻先側(目と目の間)のトロトロした部位。旨みたっぷりで美味です。

    眉間部位

  6. その他。僅かながらも食べられる部位は沢山あります。
    手で触って柔らかければ食べられると考えて間違いありません。

[PR Amazon] ボラ料理に使える道具