イワシ(鰯)の刺身

イワシの刺身TOP写真

釣ったイワシを包丁を使わないで手で刺身にする方法を紹介します。
新鮮且つ釣ってから一定時間クーラーボックス等で保管して冷やしたイワシなら、誰でも簡単にできますよ。
味は言うまでもありませんね。是非トライしてみてください。

釣ってすぐのイワシは新鮮過ぎて骨の身離れが悪く、手捌きには適していません。
クーラーボックスまたは冷蔵庫の中である程度(半日~1日)の時間が経過したイワシだと捌きやすいです。


iwasashi1 1.
【準備するもの】
釣ったイワシ 
生姜 
醤油 
ワサビ(お好みに応じて)

まずウロコを取り除いたイワシを手に取ります。
写真の魚は、ウルメイワシです。

iwasashi2 2.
頭の根元に指先でグイっと差込みます。
iwasashi3 3.
背中の部分から切り離します。
iwasashi4 4.
腹の部分は内臓がつながっていますので内臓ごとゆっくり引き離します。
iwasashi5 5.
頭と内臓が取れました。
(内臓が残っても構いません。後で取り除けます)
iwasashi6 6.
片手で魚体を抑えながら、もう片方の手の人差し指を腹に軽く差し込みます。
iwasashi7 7.
指をカッターのようにして、ゆっくり魚体を切り裂いていきます。
お腹そして背中の部分と順に少しずつ進めながら、尾びれの根元まで裂きます。
iwasashi8 8.
尾びれの根元まで切り裂くとこんな感じになります。
iwasashi9 9.
頭側から、ゆっくり中骨を引き離していきます。
iwasashi10 10.
中骨が取れました。
iwasashi11 11.
真ん中から、両サイドに切り離します。
そして、半身毎に皮をゆっくり取り除いてゆきます。
※カタクチイワシの場合は、皮が剥けませんがそのままで大丈夫です。
iwasashi12 12.
こんな感じになります。
キレイな海水か真水でサッと洗います。
もちろん素手での作業ですので、それほどきれいにはなりませんが気にする必要はありません。
身から分離して気になる小骨はこの時に取っておきます。

上記を繰り返します。

iwasashi13 13.
おろし器で、生姜をおろします。
iwasashi14 14.
刺身部分の上に生姜をあしらい、こんな感じに盛り付けます。

いちいち醤油をつけて食べるのも面倒なので、この上からさっと醤油をかけていただきます。


[Amazon PR] 刺身作りに使える道具


夜釣り-3(背景付き)(改400)
(インプレッション記事はこちら



関連記事

  • イワシの煮付けイワシの煮付け 簡単な準備さえしておけば、釣り場ですぐにできるイワシの煮付けです。
  • アンチョビ作りアンチョビ作り イタリア料理など洋風料理には欠かせない食材であるアンチョビ。パスタやピザなどいろいろな料理に使えますが、お店で買うと結構高い。釣りをして折角イワシが釣れたのであれば、アンチョビを作ってみたい。手間や時間は掛かるけど、作業自体は簡単です。自家製アンチョビ作り是非ともお試しください。 […]
  • 黒鯛(チヌ)の刺身黒鯛(チヌ)の刺身 新鮮な黒鯛(チヌ)は、やはり一度は刺身で食べてみたいもの。晩秋から冬にかけては脂が乗って、更には臭みも少なく絶品です。真鯛に負けない美味しさを味わえますよ! […]
  • キスの刺身キスの刺身 新鮮なキスの刺身の作り方を紹介しています。上品な美味しさをぜひ試してみてください。
  • カマスの刺身カマスの刺身 塩焼きを思い浮かべてしまうカマスですが、実は刺身も思わぬ美味しさなんです。
  • コウイカ(スミイカ)の刺身コウイカ(スミイカ)の刺身 釣った現場で新鮮なイカ刺しをどうぞ!旨いです!

広告欄



このページの先頭へ