don7

アジの刺身(柵)を使って、アジ丼を作ってみましょう。

これも刺身に引けを取らず、大変美味ですよ。

刺身さえあれば、あとは簡単!

※当記事は、釣りの現場でアジ丼をつくることを想定しています。

<関連記事>

材料

  • シソの葉・大葉
  • 刻みネギ
  • 生姜
  • 醤油
  • ご飯
  • ワサビ(お好みに応じて)
  • アジの刺身

donsashi

別ページを参考にして、まずは適当なサイズの刺身をつくってください。

一人分なら15cmサイズの鯵で6匹程度、20cmサイズで4匹程度あれば十分でしょう。

<関連記事> アジの刺身の作り方はこちら

作り方手順

  1. おろし器で、生姜をおろしておきます。

    写真の様に、手のひらサイズのコンパクトおろし器を常備しておくと便利です。

    don2

    don1

  2. どんぶり(丼)に、ご飯をお好みの量盛ります。

    ご飯は温かいほうがおいしいので、ホカ弁の店で白ご飯だけ買うか、または、パックのご飯を自分で温めて用意します。

    面倒でなければ、飯盒で炊いてもいいですね。

    don3

  3. シソの葉(または大葉)を手で適当なサイズにちぎり、ご飯の上に載せていきます。

    シソとアジが合うのはもちろんですが、温かいご飯の熱を直接刺身に伝えないためのアイデアでもあります。

    don4

  4. アジの刺身を中心に向かって、きれいに並べて置いていきます。

    don5

  5. 中央部に、刻みネギの一カタマリをふわっと乗せます。

    don6

  6. 最後に、先ほど おろして置いた生姜を中央部に乗せて、出来上がりです!

    上から醤油を適量かけて、豪快に食べてください。

    don7

もちろん、スーパーで鯵を買ってきて自宅でもできますね。

刺身さえあれば、後は乗せるだけの簡単レシピ。

是非やってみてください。

アジは、15cm程の小型サイズの方がおいしいです。


[Amazon PR] アジ料理に使える道具