aji_smoke

燻製を作る為の道具さえあれば、現場で手軽に燻製が作れます。
出来上がった燻製を肴に、ビールを一杯なんていかがですか?
煙が出るので自宅では中々できない燻製作り、是非とも釣り場でトライしてみてください。

※車を運転する予定がある場合は、家に帰るまでビールは我慢!
※火の使用が禁止されている場所では行わないでください。

<関連記事> タコでもできます

用意するもの

材料

・20センチくらいのアジ 数匹
・塩

材料はこれだけです。

道具

  • スモーカー
  • スモークウッド(またはチップ)
  • バーナー(トーチ)
  • 包丁、まな板、骨抜き、キッチンペーパーなど

ajikun1

ajikun2

※写真は、折畳み式スモーカーとスモークウッドです。

スモーカーは、組み立て、スモークウッド(またはチップ)の説明書通りの分量を、スモーカーの皿の上に置き、スタンバイしておきます。

ajikun3

ajikun4

作り方手順

  1. 燻製にするアジの下準備をします。

    ajikun5

  2. 包丁の刃先でウロコを取り除きます。

    ajikun6

  3. ゼイゴ(尾ビレ近くのギザギザ)を取り除きます。

    ajikun7

  4. 取れました。

    ajikun8

  5. 頭を落とします。
    (上の画像と違うアジを使っているためゼイゴが付いていますが、取れていると思って先に進んでください)

    ajikun9

  6. 内臓をきれいに掻き出します。

    ajikun10

  7. 水洗いしてから、水分をよく拭き取ります。

    次に、塩をふります。
    外側だけでなく中にもふりましょう。

    ajikun11

    ajikun12

  8. フックを尾の部分に引掛けます。

    ajikun13

  9. スモーカーの中へ吊るします。
    (いぶしが始まると、余計な水分や油分が下に落ちてきます)

    一夜干しのアジであれば、上部の網の上に寝かせてもOKです。

    ajikun14

  10. 開きバージョンも作ってみます。
    お腹の皮を切らないように注意しながら背中の中央から切っていくと、簡単に背開きができます。
    同様に、水洗いしてから塩をふります。

    ajikun15

  11. 皮の方にも塩をふりましょう。

    ajikun16

  12. こちらも尾にフックを引掛けます。

    ajikun17

  13. スモーカーの中に吊るします。

    ajikun18

  14. こんな感じになります。

    上に乗っているのはタコです。
    ※タコの燻製の作り方はこちら

    ajikun19

  15. バーナー(トーチ)でスモークウッド全体に火をつけます。
    スモークチップの場合、この作業は不要です。

    ajikun20

  16. 上部、横ともに蓋を閉め、カセットコンロの上に置き、カセットコンロを中火以下に点火します。
    (この方法を熱燻と呼びます)
    この日は風が強かった為、周囲を物で囲って風よけにしています。

    ajikun22

  17. 30分弱ほど燻したら様子をみます。
    このように水気が飛び、よい色に変っていたらできあがりです。
    (材料の量や大きさによって時間は都度調整してください)

    ajikun23

お皿に盛り付けて、いただきます!

脂の乗ったアジの身とスモークの香りの絶妙なコンビネーションをお楽しみください!
開きは面倒かもしれませんが、これがまた格別の旨さですので、こちらもぜひ試してほしいと思います。

スモークウッド・チップの補足

ここで使った『スモークウッド』は”温燻”用として販売されているものですが、時間短縮の為、カセットコンロを使って”熱燻”しました。
はじめから熱燻する時は、熱燻用のチップを使ってください。

カセットコンロの火力は製品によって異なりますので、記事中に火力を”中火以下”と記載していますが、適宜調整してください。
※火力が強すぎるとチップが発火します。また弱すぎると煙が立ちません。


[Amazon PR] 燻製作りに使える道具