車中泊の蚊対策 | Crazy Fishing

車中泊の蚊対策

蚊対策TOP写真

狭い車内に蚊を進入させては大変です。
甲高いブーーン・・・・という音や刺された時のかゆみで睡眠を妨害されます。
なんとしても蚊を進入させない対策を講じましょう。

ホームセンターなどでは、いろいろな商品が販売されていますが、それぞれ特徴があります。


車内を密閉する

ドア、窓を全て完全に閉めます。といっても車には窒息するほどの機密性はありませんので、大丈夫です。
でも、この方法を夏場にやると、車内はサウナ状態になります。
ある程度涼しい季節のみの対策です。

蚊取り線香

定番アイテムです。
一巻で、夜から朝まで持ちます。
効果は非常に高いのですが、しばらく車内にニオイが残るのが難点です。
あまりよいニオイとは言えませんので、嫌な方は使わないほうがいいでしょう。

蚊取り線香

蚊取りマット

ベープの蚊取りマットが有名です。
写真のタイプは、一つのマットで120時間持つというものです。
電池で内臓ファンが回り、効果を発揮します。

無臭、煙無のため、車内で使うには最適ですが、本体、換えマットそして電池を使うので、若干割高です。
蚊取り線香ほどの殺傷力はありませんが、既に進入した蚊を弱らせ、また新たな進入は防げます。

蚊取りマット

蚊取りスプレー

1スプレーで効果持続12時間という住宅用殺虫剤です。
これを使って、蚊が何匹も落下しているのを目撃しています。
効果絶大です。
但し、風のある屋外では有効成分が流されてしまうので、効果は薄いようです。

車中泊用としては比較的空気の動きが少ない時の車内での使用に限定されます。

蚊取りスプレー

虫除け消臭剤

液体やジェル状で、プラスチックの容器に入っているものです。
写真の製品は、家庭用のものなので、倒すと中身がこぼれます。
安価な家庭用のものを使う場合は、倒れない様に設置する必要があります。

効果は、蚊取り線香や蚊取りマットに比べると弱いようです。
一概には言えませんが、進入を防ぐ効果はあっても蚊にとっては「嫌なニオイ」程度のレベルなのかもしれません。
進入した蚊は死にません。

虫除け消臭剤

防虫ネット

設置が少々面倒ですが、付けてしまえば蚊対策と暑さ対策両方を兼ねる優れた方法です。
窓またはバックドアを開け、そこに通気性の良い防虫ネットを張るやり方です。


これらの対策を講じれば、睡眠中の蚊侵入を防ぐことができます。
但し、釣りの最中に刺されることもありますので、刺されて酷く腫れる体質の方は、虫刺され用の薬も合わせて持参されると良いでしょう。


[Amazon PR] 蚊対策グッズ



関連記事

  • 車中泊の暑さ対策車中泊の暑さ対策 真夏の熱帯夜、家の中でもエアコン無しでは寝苦しいものですね。車の中となるとエアコンをつけっぱなしにはできませんので、何か手を打たないと中々眠れません。ここでは、暑さ対策の方法および車内で使える暑さ対策グッズを紹介します。 […]
  • 車中泊の寒さ対策車中泊の寒さ対策 春秋の朝夕、そして冬場と車中泊には厳しい季節です。気温がマイナスになるところでは、やはり車内専用ヒーターが欲しいところですが、時々車中泊をする人や経済的に余裕が無い人には難しい話ですね。ここでは、比較的簡単に導入できる寒さ対策グッズを紹介します。 […]
  • 車内照明にお薦めアイテム車内照明にお薦めアイテム 車中泊では『寝る』ことが一番大事な要素ですが、起きている時間の過ごし方も大事です。寝る前の晩飯や着替え等、暗くなってからの灯りを如何に確保するか、ここでは便利グッズなどを紹介します。 […]
  • プライバシーの確保プライバシーの確保 今時の車は、後部座席のサイドガラスそしてリアガラスと、プライバシーガラスを使っていることが多くなっています。これでもある程度のプライバシーは保てますが、夜に車内で光を灯せば外から中は丸見えです。ここでは手軽に車内でプライバシー空間を作る方法を紹介します。 […]
  • どこでもお泊まり?どこでもお泊まり? 経済的で自由度が高い車中泊ですが、果たして駐車できる場所なら、どこでも良いのでしょうか?実はそうでも無いのです。快適に寝る為には、場所選びも重要な要素です。 […]
  • 釣り師の収納術釣り師の収納術 釣りをしながらの車中泊。当然、釣り道具や寝具などの物が増えます。用途に合わせたコンテナボックスの活用など、それらの収納方法を具体的にご紹介します。 […]



このページの先頭へ