寝床の確保

寝床の確保TOP写真

車中泊となるとホテルや自宅の様な快適なベッドは無理ですが、軽箱バンの様にフラットな荷室が確保できれば上等な寝床が作れます。

ここでは、フルサイズ、ハーフサイズの寝床作り、そしてフロントシートを倒して寝る場合のちょっとしたテクニックを紹介します。

※車中泊時は、エンジンを止めましょう。
またヒーターやエアコンを使うのは、車に負荷が掛かり過ぎ危険です。

【ハーフサイズ寝床作り】へジャンプ
【フロントシート簡易寝床作り】へジャンプ

フルサイズ寝床作り

ここでは、フラットなスペースがあるという前提からスタートします。
社内の荷物はコンテナに収納し、社外にまとめて置いておきます。

アトレー荷室 これは管理人が以前乗っていた平成5年式アトレーの荷室です。(後席は外しています)
身長175cm位までは、窮屈感無く寝られますよ。
■ 用意するもの ■
キャンピングマット
やはりこれを敷かないと硬いです。1枚だと薄すぎるので2枚重ねます。防寒にも一役買います。
マットの横幅は120cmで、セミダブル寝具とフィットします。
また、エア注入型のマットも嵩張らず快適なのでお薦めです。
キャンピングマット

お好みのものを用意します。
枕
敷きパット
シーツ代わりに使います。
敷きパット
タオル
枕カバー代わりに使います。
タオル
羽毛布団
薄手のものはかさ張らないし、真冬でもこれがあれば、なんとか寒さを凌げます。
羽毛布団
タオルケット
夏場の必需品です。
夏はこれ一枚で十分です。
タオルケット
■ 手順 ■
①キャンピングマット(1-2枚)
敷きパットの順に敷きます。
②タオルで巻いた枕をセットします。
③タオルケットそして羽毛布団(冬場)を掛けます。以上で完了です。簡単ですね。
重ね順
寝床完成
横から見た画像 横から見るとこんな感じです。

ハーフサイズ寝床作り

場所によっては、荷物を外に置くのは不安です。
その場合は寝床を半分にして、残り半分に荷物を置くこともできます。
少々窮屈ですが、長時間寝るわけではないので大丈夫です。

ハーフサイズ寝床
基本的に、フルサイズ寝床と同じ要領で作れます。マット類は畳んでハーフサイズにして使います。

右側には荷物を入れたコンテナを置いて台にしています。
その上に、ランタン、メガネ、その他小物を置いています。

フロントシート簡易寝床作り

釣りは基本的に夕方そして早朝に良く釣れますので、あまりゆっくり寝られないものです。もし3-4時間程度なら、手間の掛かる寝床を作るのも面倒です。
その場合、フロントシートを倒してサッと寝てしまいます。
ただ、いくつか押えておきたいポイントがあります。

ポイント① 体温維持

基本的には起きていた時の服を着たままで寝ますが、特に冬場は風邪を引かないようにしましょう。
ここでお薦めが薄いアルミシート(右写真)です。
これ一枚で全身を包めば、体温維持できます。緊急時の防寒用として販売されています。
100円ショップにもありますよ。

防寒アルミシート
ポイント② 頭が落ちない工夫

車のヘッドレストだけでは、頭が左右に落ちてしまいます。
その都度目が覚めるので嫌なものです。
ヘッドレストの左右に荷物を置いて、頭が落ちないようにします。

頭が落ちない工夫
ポイント③ 助手席を使う
運転席にはハンドルがありますね。
これが思う以上に邪魔なんです。最初から助手席で寝るようにしましょう。
助手席で寝る

以上ポイントを押さえれば、比較的ぐっすり寝られます。


[Amazon PR] 寝床作りに使えるアイテム


夜釣り-3(背景付き)(改400)
(インプレッション記事はこちら



関連記事

  • 便利な軽箱バン便利な軽箱バン 釣行時の車中泊に大変便利で力を発揮するコストパフォーマンスに優れた軽箱バンというタイプの車について紹介します。
  • 車中泊の寒さ対策車中泊の寒さ対策 春秋の朝夕、そして冬場と車中泊には厳しい季節です。気温がマイナスになるところでは、やはり車内専用ヒーターが欲しいところですが、時々車中泊をする人や経済的に余裕が無い人には難しい話ですね。ここでは、比較的簡単に導入できる寒さ対策グッズを紹介します。 […]
  • どこでもお泊まり?どこでもお泊まり? 経済的で自由度が高い車中泊ですが、果たして駐車できる場所なら、どこでも良いのでしょうか?実はそうでも無いのです。快適に寝る為には、場所選びも重要な要素です。 […]
  • 車内照明車内照明 車中泊では『寝る』ことが一番大事な要素ですが、起きている時間の過ごし方も大事です。寝る前の晩飯や着替え等、暗くなってからの灯りを如何に確保するか、ここでは便利グッズなどを紹介します。 […]
  • 車内での過ごし方車内での過ごし方 車中泊は、基本に車内では寝たり食べたりするだけなのですが、時間のある時などは、それだけでは退屈です。ここでは、釣り人の為の車内での有意義な時間の使い方、つまり車内での過し方のアイデアを紹介します。ご参考になれば幸いです。 […]
  • 暑さ対策暑さ対策 真夏の熱帯夜、家の中でもエアコン無しでは寝苦しいものですね。車の中となるとエアコンをつけっぱなしにはできませんので、何か手を打たないと中々眠れません。ここでは、暑さ対策の方法および車内で使える暑さ対策グッズを紹介します。 […]

広告欄



このページの先頭へ