どこでもお泊まり?

どこでもお泊りTOP写真

経済的で自由度が高い車中泊ですが、果たして駐車できる場所なら、どこでも良いのでしょうか?
実はそうでも無いのです。快適に寝る為には、場所選びも重要な要素です。

以下、主なタイプの場所それぞれについて考えて見ましょう。


公園の駐車場
公園の駐車場
郊外のある程度大きな公園なら、大きな駐車場があります。
車中泊する場所としては良いでしょう。
但しいくつか注意点がありますので、以下チェック項目を確認してください。

  • 駐車時間制限がないか?
  • 宿泊禁止となっていないか?
  • 地元の若者の溜まり場になっていないか?

    (カップ麺のゴミなんかが散乱していたら、要注意です)

  • 繁華街から近くないか?
    (酔っ払いが睡眠の邪魔してくるかもしれません)
道の駅
道の駅
基本的に郊外や田舎に多いこと、そしてトイレがあるので車中泊一等地です。
よくキャンピングカーが停まっているのを見かけます。地元の名産物等が買えるのもいいですね。

只、最近の道の駅ではゴミが捨てられなくなっている所が多いので、その場合ゴミは持ち帰りましょう。

道路パーキング
道路パーキング
国道沿いでよく見かけます。
道の駅に主役の座は奪われた感がありますが、基本的に何も無いので比較的車も少なく、騒々しくありません。
トイレがあればいいですが、無ければ携帯トイレを装備しておくなど、対策を考えておく必要があります。
海(港)
港
ある程度大きな港なら、漁師さんや地元漁協関係者に迷惑をかけることなく駐車できるスペースがあります。
場所によっては、釣り場がそのまま駐車場所にできるので、釣り好きにはたまりませんね。
但し、注意事項等看板に書いている内容をきちんと確認してください。
また、天候は必ず確認してください。海が荒れると大変危険です。地震・津波も要注意です。
山間の駐車スペース
山間の駐車スペース
山道を走っていると所々に写真の様な駐車スペースがあります。
大変のどかな場所が多いのですが、何と言っても崖崩れが心配です。
山の傾斜や斜面のコンディションを見て心配ならやめたほうが無難です。
また鹿などの野生動物がよく登場します。苦手な人はやめておいたほうがいいでしょう。
オートキャンプ場
オートキャンプ場
お金はかかりますが、トイレや炊事ができる設備、そして場所によってはシャワーも完備しておりなかなかお薦めです。
その日釣った魚を料理して食べられるのは嬉しいですね。
家族や気の合う友人と一緒なら楽しく過ごせるでしょう。
但し、山間部に多いので、海釣り派にはあまり縁は無いかもしれません。

[Amazon PR] 車中泊情報


夜釣り-3(背景付き)(改400)
(インプレッション記事はこちら



関連記事

  • 車内照明車内照明 車中泊では『寝る』ことが一番大事な要素ですが、起きている時間の過ごし方も大事です。寝る前の晩飯や着替え等、暗くなってからの灯りを如何に確保するか、ここでは便利グッズなどを紹介します。 […]
  • 車中泊の寒さ対策車中泊の寒さ対策 春秋の朝夕、そして冬場と車中泊には厳しい季節です。気温がマイナスになるところでは、やはり車内専用ヒーターが欲しいところですが、時々車中泊をする人や経済的に余裕が無い人には難しい話ですね。ここでは、比較的簡単に導入できる寒さ対策グッズを紹介します。 […]
  • 寝床の確保寝床の確保 車中泊となるとホテルや自宅の様な快適なベッドは無理ですが、軽箱バンの様にフラットな荷室が確保できれば上等な寝床が作れます。ここでは、フルサイズ、ハーフサイズの寝床作り、そしてフロントシートを倒して寝る場合のちょっとしたテクニックを紹介します。 […]
  • プライバシーの確保プライバシーの確保 今時の車は、後部座席のサイドガラスそしてリアガラスと、プライバシーガラスを使っていることが多くなっています。これでもある程度のプライバシーは保てますが、夜に車内で光を灯せば外から中は丸見えです。ここでは手軽に車内でプライバシー空間を作る方法を紹介します。 […]
  • 車内での過ごし方車内での過ごし方 車中泊は、基本に車内では寝たり食べたりするだけなのですが、時間のある時などは、それだけでは退屈です。ここでは、釣り人の為の車内での有意義な時間の使い方、つまり車内での過し方のアイデアを紹介します。ご参考になれば幸いです。 […]
  • 蚊対策蚊対策 狭い車内に蚊を進入させては大変です。甲高いブーーン・・・・という音や刺された時のかゆみで睡眠を妨害されます。なんとしても蚊を進入させない対策を講じましょう。 […]

広告欄



このページの先頭へ