0_コウイカ刺身_TOP写真

別名「スミイカ」とも言う体内に大量の墨を持ったイカです。
やってみると意外と簡単、コウイカの刺身の作り方を紹介します。

釣りのターゲットとしては、アオリイカの人気に敵いませんが、味は負けていません。
イカ好きにはたまらない旨さです。

釣った際は是非、その場で刺身にしてみてください。

※当記事は、釣り場で刺身にするシチュエーションで作成していますが、コウイカを持ち帰り、自宅で作業する場合も基本的内容は変わりありません。

<関連記事> コウイカを釣る!

作り方手順

  1. 道具を用意します。

    出刃包丁、まな板、そして海水を入れたバッカンです。
    クーラーボックスは台代わりに使っています。

    ikasashi1

  2. コウイカをまな板に乗せます。
    まな板のサイズに対してイカのサイズが大きすぎますが、ご愛嬌ということで。

    ikasashi2

  3. 傘の部分と内臓を引き離します。
    力を入れて少しずつ離していきます。
    この時に、墨袋が破れないように注意します。

    ikasashi3

  4. 引き離し完了です。

    ikasashi4

  5. 傘の部分の下皮を破いて、甲部分を取り出します。
    意外とあっさり取れます。

    ikasashi5

  6. 甲を取り出して裏側の中央を切り、広げました。
    (皮が裏側になっています)

    ikasashi6

  7. 端から、皮と身の部分をゆっくりと引き離していきます。

    ikasashi7

  8. 鮮度が良いとこんな感じでキレイにはがれます。

    ikasashi8

  9. 引き離し完了です。
    皮の部分にはヒラヒラしてる耳の部分がまだ残っているので、捨てないでください。

    ikasashi9

  10. 傘の部分を水洗いし、キッチンペーパー等で水分を取っておきます。
    これで傘部分の下準備は完了です。

    ikasashi10

  11. 耳の部分の真ん中を切り、両サイドの耳を切り分けます。

    ikasashi11

  12. 耳の身の部分と皮をゆっくりはがしていきます。

    ikasashi12

  13. はがれました。

    ikasashi13

  14. 耳の身に残っている軟骨部分を取り除きます。

    ikasashi14

  15. 耳の身部分だけ残りました。
    軽く水洗いして水分を取っておきます。
    耳の部分の下準備完了です。

    ikasashi15

  16. 胴体部分をまな板に置きます。

    ikasashi16

  17. 内臓と目の部分を切り離します。
    *この写真では目の上を切っていますが目の下から切ったほうが楽です。

    ikasashi17

  18. くちばし部分を切り取ります。

    ikasashi18

  19. 残った足の部分を水洗いして、ヌメリを取ります。
    タコ程のヌメリはありませんが、気になる方は塩もみをしても良いです。

    ikasashi19

  20. 足に残っているヒラヒラした皮を取り除きます。
    この時、足の先は皮が残っていても構いません。

    ikasashi20

  21. 足部分の下準備完了です。
    皮がちょっと気になるかもしれませんが全く違和感なく食べられます。
    (長いのは触手です)

    ikasashi21

  22. 耳、傘、足、全ての部分が揃いました。

    ikasashi22

  23. 傘部分を中央から切ります。

    ikasashi23

  24. お好みサイズに短冊切りします。

    ikasashi24

  25. 耳の部分を一口サイズに切ります。

    ikasashi25

  26. 足を一本ずつ切り離します。
    触手は長いので、3つ4つに切り分けます。

    ikasashi26

  27. 出来上がりです。
    ワサビ醤油または生姜醤油でいただきます。

    ikasashi27

大量の墨には要注意!

コウイカは別名スミイカと言って、体内に大量の墨を保有しています。
生きているうちに墨をできるだけ吐かせたほうがいいのですが、何回も吐かせても墨を使い切ることは、なかなか無いようです(管理人トライしましたがダメでした)。

なので、内臓にある墨袋はできるだけ破らないよう、細心の注意で作業をしてください
破ってしまうと、刺身も汚れてしまいますし後始末が大変です。


[Amazon PR] オススメ料理器具