ハゼ釣り

シンプルの延べ竿を使った仕掛け、またはルアー竿を使ったライトタックルで、手軽に、そして簡単にできるハゼ釣りをやってみましょう!
最盛期では3桁の釣果も難しくありません。
食べては美味しいハゼを、ここで紹介する釣法で沢山ゲットしてください!

マハゼ釣りの様子 【名称】  マハゼ

【釣場】  河口、川の下流(汽水域)

【地域】  日本各地(沖縄を除く)

【よく釣れる時期】 夏~晩秋

【サイズ】 最大30cm程度


◆ 目次 ◆

1. 仕掛けは大きく分けて2タイプ
 - のべ竿編
 - ルアー竿編
2. 釣ってみよう
 - ハゼ釣り動画
 - 延べ竿釣りでの注意点
 - ハゼ以外に釣れる魚(外道)
3. 美味しく食べよう!


仕掛けは大きく分けて2タイプ

ここでは2種類の仕掛けを紹介します。
岸からすぐのところで釣れる場合は「延べ竿編」を、岸から離れたところを狙う必要がある場合は「ルアー竿編」をご覧ください。
初めて釣る場所だと、その判断が難しい場合があるので、できるものなら、両方の道具を準備しておいたほうがいいでしょう。

のべ竿編

延べ竿仕掛図

のべ竿を使うメリットは、何よりその手返しの良さにあります。
夏~初秋は、ハゼのサイズもまだ小さく大半は10㎝以下ということも。
一方で場所によっては大量のハゼが湧きます。
このような場合、後述するルアー竿を使ったタックルより、のべ竿を使ったタックルの方が、小型&大量のハゼを釣るのに適しています。

この仕掛図で一番重要なのは、竿です。
ハゼが沢山釣れ出すと大変忙しい釣りになります。
そんな時に、竿が重いとたちまち手と腕が疲れてしまいます。
竿の自重は、男性であれば150g以下、女性であれば120g以下がお薦めです。
(一般的に、カーボン100%または含有率が高い竿が軽くて丈夫ですが、少し高価になります)

その他、道糸・ウキ・ハリ・ハリス・ガン玉に具体的な号数を示していますが、あくまでも参考程度に考えてください。
ガン玉は3Bでもいいし、玉ウキは3号でもOKということ。
決まった枠にはめず、手軽に気軽に釣るのが、ハゼ釣りの良いところです。

ルアー竿編

ルアー竿仕掛図

ルアー竿であれば、のべ竿では届かないポイントに仕掛けを投入することができます。
そして、ルアー竿を使いますが、ルアーを常に操作するような忙しい釣りではありません。
投げ竿の感覚で、仕掛けをポイントに投入したら、後は待つだけ。
他の一般的な釣り魚と比べ、小型のハゼを釣るには、ガッチリした投げ竿より、小さなアタリを拾いやすいルアー竿が向いているのです。

また、この仕掛図で重要なのが、「中通しオモリ」を使っている所です。
中通しオモリは、その名の通り、道糸を自身の内部に通過させて、道糸やハリスとは固定していません。
魚がエサを咥え、走った場合、オモリが負荷にならず、魚の動きがかなりダイレクトに近い形で、竿先に伝わります。
小さな魚が掛かった場合でもアタリが分かり易いという訳です。

サルカン以下の仕掛けについては、自分で作ってもいいし、下写真のような市販仕掛を利用すると楽です。

市販仕掛け


[Amazon PR ハゼ釣りグッズ]


釣ってみよう!

仕掛けの用意ができたら、まずエサを付けます。
エサは、イソメやゴカイ類が良いでしょう。
エサのサイズにもよりますが、丸々一匹を使うのではなく、下写真の様に、2~3当分に切って使います。

餌付け

エサを付けたら、仕掛けを狙ったポイントに投入します。

のべ竿であれば、竿は手に持って、玉ウキを見つめ、アタリに備えましょう。

ルアー竿であれば、手に持つか、竿立てに立て掛け、竿先に出るアタリに備えます。
この時、道糸はできるだけピンと張るようにします。
(道糸が弛んでいるとアタリがダイレクトに伝わりません)

玉ウキが水面下に引き込まれる、または竿先がコンコンと動けば、即座に合わせ、仕掛けを引き上げます。

釣れたハゼ

そこそこのサイズのハゼが釣れました。
食い気が旺盛な時は、ダブルで釣れたり、

ダブルハゼ

一匹のハゼが二つのエサを同時に咥えるなんてことも。

食いしん坊ハゼ

釣れた魚はハリを外して、クーラーボックスへ。

ハリにエサが残っていれば、そのまま使ってもいいし、細切れになってしまった時などは、エサを取り換えます。
ハゼの食い気が旺盛な時は、エサが完全に死んでいても、または細切れになっていてもまだ釣れます。
エサを取り換える時間がもったいないので、そのまま使っちゃうのもアリ。

逆に、さっぱりアタリが無いという時は、仕掛投入ポイントを変えたり、ルアー竿であれば、リールで糸を巻いて、仕掛の位置を少し手前に持って来たり、またはエサを元気のいいやつに付け替えたりして、様子を見ます。

朝から通してさっぱり釣れない、というような時は、思い切って場所を変えてみましょう。

ハゼ釣りは、ある程度沢山釣れる釣りです。
ハゼがいれば、釣れます。
逆に、いなければ釣れないというわけです。

沢山釣れるといいですね。

ハゼ釣り釣果

この何倍も釣れますよ!

ハゼ釣りショート動画

釣りの雰囲気が分かるだけのショート動画です。
アタリ、アワセ、釣り上げの様子が分かります。

のべ竿編

リール竿編

のべ竿釣りでの注意点

ハゼが釣れる場所は、河口は勿論、川の下流であっても淡水と海水が交わる汽水域です。
ということは、海の潮の影響を受けます。
大潮や中潮の干潮時には、岸近くの水が引いてしまい、長靴無では、最早釣りにならない、なんてことも。

<参考事例:通常時>
水位通常時
岸近くで十分釣りができます。

<参考事例:大潮・中潮の干潮時>
水位干潮時
岸近く手前の浅場から水がすっかり引いてしまいました。
これでは延べ竿では釣りになりません。

以上のように、延べ竿だけで釣りする場合は、潮情報を確認しておくことも大事です。

ハゼ以外に釣れる魚(外道)

ハゼの食い気が旺盛な時は、ハゼが貪欲にエサに食いついてくれるので、他の魚(外道)が掛かることは少ないのですが、それでも時々外道が釣れることがあります。

ヒイラギ

ヒイラギ
刺身にして食べても美味しい魚ですが、何分サイズが小さいことが多いので、基本リリースになります。

コトヒキ

コトヒキ
エラ蓋のところに鋭利なトゲがあるので、取扱には十分注意してください。

その他、黒鯛(チヌ)、キチヌ(キビレ)、ウグイ、フグなど色々な魚が掛かる可能性があります。

美味しく食べよう!

ハゼは、アジやイワシ同様、「食べる為に釣る魚」です。
勿論、単に釣りだけを楽しみたい、というのもアリですが、やはり折角釣れた魚だもの、美味しく頂きたいですね。
スーパーで見かけることもあまり無いし、季節も限られています。
ハゼを美味しく食べられるのは、釣り人の特権です。
当サイトでは、以下のハゼ料理レシピを公開しています。
美味しいものばかりですので、是非ともお試しください!

  1. ハゼの天ぷら
    ハゼの天ぷら
  2. ハゼの南蛮漬けハゼの南蛮漬けTOP写真

夜釣り-3(背景付き)(改400)
(インプレッション記事はこちら



関連記事

  • 用水路の小鮒(コブナ)釣り用水路の小鮒(コブナ)釣り 釣りは「鮒釣りに始まって鮒釣りに終わる」と言います。ルアーフィッシングや、海での黒鯛釣り等もいいですが、たまには長閑な風景の中でのんびりと釣り糸を垂れるのもよいものです。かわいらしい小鮒(コブナ)があなたを待っています。 […]
  • 用水路のガサガサ用水路のガサガサ 家の近くに小川とか用水路ないですか?意外に身近なところに、魚や水生の生き物がいるよ。網(あみ)を突っ込んでガサガサやると、いろんな生き物が入るから、やってみてね。 […]
  • 巨大なまずと対決…鯰 なまず ナマズ巨大なまずと対決…鯰 なまず ナマズ 記事タイトルには「巨大」と書きましたが、一般的なナマズ(他の魚に比べて巨大)を釣る釣法を紹介します。日本の河川生態系の頂点に君臨するナマズと対決してみましょう。その強烈な引きにあなたもナマズ釣りの虜になるかも!? […]
  • テナガエビ釣りテナガエビ釣り 川エビの代表格であるテナガエビ(手長エビ)。川の中流域から河口まで、淡水域および汽水域まで広く生息しているエビで、釣りして楽しく、食べても美味しいありがたいエビです。ここでは、日中にのんびり釣る方法(仕掛け、タックル、エサ、釣り方など)を紹介します。 […]
  • 用水路のザリガニ釣り用水路のザリガニ釣り 小さい頃が懐かしい?誰でも簡単に釣れるザリガニ釣りです。やり方によってはゲーム性もあり、面白いですよ。お子さんや仲間と一緒に、ザリガニ釣り競争も楽しいですよ! […]
  • 野鯉の吸い込み釣り野鯉の吸い込み釣り 野生の鯉を『野鯉』と言います。川の下流域・汽水域を悠遊と泳ぐ、時には1mを超えるような大きな野鯉を釣る方法の一つが『吸い込み釣り』です。一見取っ付き難そうな感じがするかもしれませんが、実は意外と簡単に始められて、意外と簡単に釣れます。あなたも大物野鯉釣りに挑戦してみませんか? […]

広告欄



このページの先頭へ