ウキ釣りTOP写真

スポーツフィッシングもいいけれど、ウキをのんびり眺める待ちの釣りもいいですよ。
のどかな小川や池・沼でのウキ釣りを紹介します。

ストレス社会の今こそ、最もお薦めしたい釣りの一つです。


こんな魚が釣れます

キンブナ ギンブナ
ヘラブナ※写真は混血種? ナマズ
コイ ブラックバス
この釣りでは、嬉しくないヤツです。
誰が放流したんでしょう。
モロコ※写真はモロコ 亀こいつもちょっと迷惑なヤツです…

釣り場を見つけよう!

  1. 地元の新聞・情報誌または釣具店で情報を入手しましょう。
  2. 意外と知られていない穴場ってあるもんです。
    盆地や平野を走る流れの遅い小川や池・沼を探してみましょう。
    地図やカーナビ等である程度目星をつけられます。
    車やバイクがある方は有利ですね。

    釣り場

  3. 目星をつけたら、濁りのある場所で試し釣りしてみましょう。
    できれば、朝・夕のまずめ時が良いです。
    とりあえずフナが釣れる場所には、コイやナマズも棲息する可能性が高いです。

管理人の実績豊富な仕掛図

これを参考に仕掛けを作ってみてください。
市販の本に書いてある方法とは違うと思いますが、管理人の釣果実績豊富な仕掛けです。
是非お試しください。

仕掛図

<この仕掛けの特徴>

  • 仕掛けを流さないので、放置できる → ウキを眺めているだけ
  • オモリが最下部にあるので、底取りが簡単
  • 釣ってみよう!

    ①仕掛けをポイントに落とします。ウキの目印部分が見える位にウキ下を調整します。 ウキトップ
    ②エサのミミズを付けます。 エサ付け
    ③再度仕掛けを投入します。
    仕掛けは流れることなく、ずっとそこにありますので、後はジイッとウキを眺めるだけです。
    ④ウキがアタリを示したら、竿先をさっと上げ、アワセます。
    モツゴやモロコ等の小魚程、派手のアタリを見せます。
    ⑤掛かったら、竿を常に高く上げた状態を維持しつつ魚を手前に寄せてきます。
    大物がかかったら、タモですくいあげます。
    釣れたフナ

    ※日中は1,2時間さっぱりアタリが無いこともあります。
    そんな時にでも夕方近くなって釣れだすこともありますので、のんびり構えましょう。
    ぼーっと考え事をするのも悪くありません。


    [Amazon PR] ウキ釣りに使える道具