「USB5V型ほっかほっかインナーベスト」商品評価インプレッション

インプレ記事TOP写真

当サイト管理人にて釣り愛好家であるCFマスターが、モバイルバッテリーを使って温まる発熱体を有した商品「USB5V型ほっかほっかインナーベスト」の実践評価を行ったインプレッション記事です。

商品紹介サイトはこちら


今回縁があって当該商品の販売元(有)レヒーナ様より依頼を受け、商品評価を行った。
実は、この仕事を受ける前に、二つ条件を先方に出した。
一つは、「正直に書くこと」、そしてもう一つは、「間違い/誤解を生む表現以外は、直さないこと」。
先方かなり不安があったものと思うが、(表向きは?)快諾頂く。
そして、評価する前から代金をお支払頂いたので、筆者は思う存分、正直に記事が書くことができる 笑

あっ、そうそう!時間の無い方やここまで読んで既にイライラしている短気なお方は、一足先に「まとめと感想」(ここをクリック)をご覧くださいませ。

今回、販売元様に対しては、「評価をやってあげましょう!」みたいなちょっと上から目線的な感じだったのだけど、正直に言うとこの商品に興味津々、使ってみたい!と個人的な欲求をメラメラさせていた 笑
何せ北海道出身、真冬でも釣りをしたりバイクに乗ったりする人間だから、防寒グッズには人並み以上に関心を持っている。

ここで簡単な自己紹介。
「釣り」と「狭い路地」をこよなく愛する昭和46年生まれ(46歳)男性、北海道で生まれ育った道産子。
性格は、おおらかで、細かいことは気にしない王様気質。←自分でいう?
釣り歴40年位の割には、あまり進歩が無く、毎回”坊主”の恐怖に怯えている 涙

さてさて、実際に販売している商品が到着しましたよ!
ドキドキ、ワクワク ←子供か?

箱写真

あれ!随分小さい箱だな。思わず100円ライター置いて撮影しちゃったよ。
はやる気持ちを抑え、オープンザボックス!

箱オープン

この黒いカタマリがベストだな。そして何故か両面テープらしきものが入っている・・・

ベストの外観は販売元の写真が分かり易い↓

ベスト外観

パッと見、何のことはない普通のベストだけど、左胸の位置にあるお馴染みの電源スイッチマークのおかげで、只者でないな!感がスゴイ。

一応評価なので、(普段はあまり読まない)取扱説明書を読んでみる。
なるほど、最初に見た両面テープらしきものは、「面ファスナー」と言って、脇腹部分でサイズ調整するときに使うものとのこと。
サイズ調整は・・・なんか面倒そうなのでスキップ ←オイオイ

ベストの内側にはポケットが沢山付いていて、前面左下(写真では右下)ポケットにはモバイルバッテリー(電池)を接続するUSBコネクタが装着されている。
その上のポケットにはスマホを入れて、充電もできるという便利さ。

ベストのポケット配置写真

そう、モバイルバッテリーの主目的は、ベストの背中上部に入っている発熱体を温める為のもの。
そして副次的にスマホを同時に充電できますよ、ということなのだ。

冬場は特にスマホの電池が早く消耗する。
ベスト内で充電すれば、スマホの電池が温まり持ちが良くなるし、充電もできるし、でいいことづくめ。

更には、カイロを4つも入れられて、ガンガン温めますよ!と主張している。
ちなみにカイロは、汎用ポケットにも入れられるし、スマホを充電しない時であれば、スマホ用ポケットにも入れられる。
つまりカイロの手を借りれば、背中だけでなく、胸や腹も温めることができる優れもの。

ベストを手に持ってみると・・・軽い!非常に軽い!儚いほど軽い。
言い方を変えれば、頼りない感じがする
これでちゃんと温かくしてくるのか、ちょっと心配になってくる。

それは兎も角、ベストに腕を通してみる。
そして説明書を見ながら、手持ちのモバイルバッテリー(注:モバイルバッテリーは手持ちのものを使うか、新たに購入する必要あり)を接続し、チャックを閉め装着完了!

そして、お待ちかねの電源ON!(電源スイッチの長押し)

・・・

・・・

・・・

あれっ!?何も反応しないぞ!

・・・まさかいきなり故障とか?

とあれやこれや考えていると、あることを思いついた。
あっ、そうだった!

モバイルバッテリーのスイッチONしてなかった 汗
(↑これ、ありがちなんで要注意ね。)

無事電源が入ると、電源スイッチ内に入っている赤いランプが、ホア~~ンって感じでゆっくり点滅する。
この状態で更に電源スイッチを押すと、赤点灯(高温)に固定され、以降押すごとに、白点灯(中温)→青点灯(低温)→赤点灯と繰り返す。
そして、電源を切るときは、電源スイッチを長押しするだけ。

何せスイッチが電源スイッチの1つしかないから、操作は簡単。
操作は簡単なんだけど、取説の説明書き(勿論日本語)がイマイチ分かりにくい
まあ、わたしも含めて取説読む人は少ないし、何となく触ってみれば、すぐに使い方はマスターできるので、大した問題ではないとは思うけど。

ここでモバイルバッテリーについて触れておく。
まず、商品に同梱していないので、別に用意する必要がある。
最低限必要なスペックは、(1)出力電流2A以上、(2)USB接続であること、そして(3)出力口が2口以上あること。

そしてもう一つ大事なポイントが、バッテリーの容量をいくらのものにするか。
商品紹介サイトでは、10,000mAhを使った場合の発熱時間が記載されているが、今では、アマゾンなどの通販サイトで20,000mAh以上のものが安く(2千円~)沢山出回っている。

筆者としては、20,000mAhのもの(高温で10時間程度もつ)がオススメだ。
少々重たいが装着した後には違和感は無くなる。
(注:一部には粗悪な製品もあるようなので、他人の評価などでチェックしてから購入するようにしたい)

さて、操作方法をマスターして、モバイルバッテリーの充電も完了。
実際の夜釣りで使ってみた

場所は、和歌山市のとある波止。
深夜0時から商品を着て、夜釣りを開始した。

全身の服装は、こんな感じ。
上半身: 長袖肌着→タートルネックセーター→ベスト(商品)→秋冬用防風防水ジャケット(フード有)
下半身: 肌着→男性用タイツ→ジーンズ→MA-1風ズボン
商品名称にあるように、ベストは基本的にインナー用(アウターも可)なので、アウターのジャケットやコートなどの下に着る。

筆者のアウタージャケットは体にフィットしているので、ベスト脇腹のサイズ調整は、特に必要無いことに気づく。(面倒なことをやらんでよかった)
ちなみに、縦方向(着丈)の調整はできない。
身長170㎝の筆者には丁度良いが、175㎝を超える人には少し短く感じられるかもしれない。

この時の気温は、摂氏10度→8度程度。
適度に寒い。風は、4~6m程度。

釣りは、「できるだけ動きの無い」穴子釣りにした。
仕掛けを波止の際(きわ)に落として、あとはジィっっっと竿先を見ているだけというシンプルかつ根気勝負の釣りだ。
動かない、つまり自分自身の発熱を極力利用しない状態で、商品の真価を見ようとの作戦である。

この時の写真↓
実使用写真

(腰に付けているのは、ライフベルト)

冬場の釣行において、「心が折れ」途中で止めてしまうことがよくある。
その2大理由は、(1)釣れない + (2)寒すぎる/風が強すぎる、である。
それだけ、寒さは釣りの大敵。
多少着膨れしているように見えても構わない!

まずは高温モード(赤点灯)にセットした。

赤点灯(高温)

効果はすぐに感じられた。
背中がポカポカ暖かい。いい感じ~♪

1時間後に、中温(白点灯)にしてみた。

白点灯(中温)

この日の気温・風の強さ・自分の服装からすると、中温が丁度良かった。

更に1時間後、低温(青点灯)にした。

青点灯(低温)

これでも大丈夫なんだけど、低温になると、最早自分自身の発熱なのか、ベストの発熱なのか、その温かさが弱い為判別が出来なくなる。
低温だとバッテリーの持ちは良くなるけど、発熱が弱いので、あまり使わないかな、という感じがする。

最後には、赤点灯(高温)+カイロ4つを投入。

助っ人カイロくんとも力を合わせ、非常に温かい!
血流が温まるせいか、露出している手まで温かいし、終いには眠たくなるほど 笑
これが冬場の夜釣りの話なのだから、自分でも驚く。
これなら0度以下の極寒でも十分力を発揮してくれるはず。

早朝5時半頃、おかげで眠くなったので、納竿し仮眠することに。
車内でも電源ONのまま、温かく寝ることができた。
むむむ・・・車中泊でも力を発揮できそうだ。

ちなみに、この日の釣果は、クロアナゴ6匹、カサゴ(ガシラ)1匹、ゴンズイ1匹。

釣れた穴子

(釣ったクロアナゴ)

長時間(5時間半)において、寒さに負けることなく釣りに集中できたので、そこそこ良い釣果を上げることができたものと考える。

まとめと感想
  • 商品は非常に軽く頼りない感じがするが、シーンを問わず冬季の屋外において大活躍してくれること間違いなし。
  • 脇腹のサイズ調整は面倒な感じ(自分ではやっていないけど)がするので、アウターがブカブカの物で無いのであれば、そもそも調整する必要は無し。縦方向(着丈)の調整はできない。身長175㎝を超える人は、少し短く感じるかもしれない。
  • 取説の説明は分かり難いものの、そもそも操作自体は簡単なので、あまり支障は無いように感じた。
  • 温度は3段階設定できて便利であるが、「低温」は温度が低すぎて、あまり使えない感じがする。カイロは助っ人として、極寒時など必要に応じて使うと良い。
  • 1時間程度なら、ベスト無しで問題無い服装でも長時間の夜釣りでは寒さがジワジワと身に染みてくる。今回のように長時間の夜釣りでは大変重宝する商品だと感じた。
    今回自分自身で商品を使ってみて、以下のような人には喜ばれる商品だと感じた。

  1. ワカサギ釣り、アナゴ釣り、チヌ釣りなど「動き」が少ない釣りをやる人。
  2. ラグビー、サッカー、マラソン、スキーなど、冬季に大きな大会があるスポーツの観戦を楽しみにしている人。
  3. ウインタースポーツをやる人。
  4. 警備員、交通誘導員、配達員、検針員、大工など主に屋外で仕事をする人。
  5. 仕事、プライベートに関わらず、通年バイクに乗っている人。
  6. アイスショップなど、屋内でも十分な暖房をつけられない所で仕事をしている人。
  7. 暖房費を節約したい日中家にいる主婦(主夫)。
  8. 車中泊をよくやる人。
  9. 会社の居室が寒くて我慢できないOLさん。

最後に、販売元様へのお願いが一つ。

当商品は贈り物にも最適だと思う。
可能であれば、ベスト+モバイルバッテリー(20,000mAhのもの)+カイロ30個をセットにして販売してほしい。

寒い現場で働く父ちゃんの為に、その娘が少ない貯金をはたいて当商品セットを父ちゃんにプレゼントする・・・そんなシチュエーションを想像するだけで涙がでる・・・

商品紹介サイトはこちら


[PR Amazon] 商品が気になった方はこちら


夜釣り-3(背景付き)(改400)
(インプレッション記事はこちら



関連記事

  • 冬の防寒釣り服装冬の防寒釣り服装 冬場の釣りは寒さとの戦いでもあります。寒すぎると釣りに専念できないばかりか、手も満足に動かせず、まともな釣りになりません。ここでは、北海道でのマイナス20度以下など極端な環境を除き、日本全国どこでも通用する釣り時の防寒服装について紹介します。 […]
  • テナガエビと3種キノコのアヒージョテナガエビと3種キノコのアヒージョ テナガエビを使ったアヒージョレシピの紹介です。今流行りのスペインバルでは定番の『アヒージョ』。材料をオリーブオイルで煮るだけの超簡単&絶品料理です。テナガエビとキノコを使ってちょっと豪華なアヒージョを作ってみませんか? […]
  • ボラのへそ刺身ボラのへそ刺身 『ボラのへそ』とは正式名『幽門』という名の臓器のことで、その形状から別名『そろばん珠』とも呼ばれています。食べれば、鶏の砂肝のような歯応えのある大変美味しい部位で、知る人ぞ知る珍味でもあります。。ここでは一番シンプルに刺身にして食べる方法を紹介します。 […]
  • 便利な軽箱バン便利な軽箱バン 釣行時の車中泊に大変便利で力を発揮するコストパフォーマンスに優れた軽箱バンというタイプの車について紹介します。
  • 黒鯛(チヌ)の皮湯引き黒鯛(チヌ)の皮湯引き 季節によっては真鯛に負けず劣らず美味しい黒鯛(チヌ)の刺身。刺身を作った後に残る皮はどうしていますか?ちょっとした手間だけで、それも簡単に美味しい一品ができます。皮の湯引き、是非お試しください。 […]
  • ボラチップとキノコのアヒージョボラチップとキノコのアヒージョ 水の比較的綺麗な場所で釣れたボラ、更には寒ボラなら刺身が断然旨い!けれでも毎回刺身ではつまらない。たまには干して旨みアップしたボラを食べてみませんか?ここでは乾燥ボラチップの作り方、そしてボラチップとキノコを使ったアヒージョのレシピを紹介しています。 […]

広告欄



このページの先頭へ