ワカサギ釣り-ショア

ワカサギ釣果
釣り場
【名称】
 ワカサギ(公魚)

【釣場】
 湖、沼、河川

【地域】
 鹿児島県以北

 ※本来の生息域:
  太平洋側-千葉県以北
  日本海側-島根県以北

【時期】
 11月~3月
※管理釣場が多いので、目的地のホームページなどで事前に確認しておきましょう。

【サイズ】
 ~15cm程度

ワカサギを釣る方法には大きく分けて二通りあります。
一つは、岸から比較的長いのべ竿や磯竿を使って、仕掛けを投入する方法(ショア)、もう一つは、桟橋、船やボート、氷上から、非常に短い専用竿を使って仕掛けを直下に垂らす方法(オフショア)です。
ここでは前者の方法を紹介します。

後者(オフショア)での釣り方はこちら

※この方法を楽しめる場所は、管理釣り場が多いので、事前にホームページや電話などで、遊漁料、支払場所、駐車場の場所、開始および終了時間などを確認しておきましょう。

【仕掛図】へジャンプ
【餌はこれ】にジャンプ
【釣ってみよう】へジャンプ
【釣る際のポイント】へジャンプ

道具を揃えよう

竿・リール・道糸

リールを使う方法①と、のべ竿を使う方法②があります。
釣り場の深さ、魚のいる棚までの距離、深さによって使い分けます。
深い場所や、岸から遠くに仕掛けを投げる必要がある場合は、言うまでもなくリール竿が必要になります。
逆に、岸のすぐ近くで、深さも~6mまでなら、のべ竿の方が扱いやすいしょう。
同じ湖でも、場所によって条件は変わってきますので、初めての場所であれば両方のセットを持参した方が無難です。
以下、それぞれの方法を説明します。

①リールを使う方法

1.5~3号の磯竿が扱いやすく便利です。
長さは3~5mくらいがよいでしょう。
リールは1000~3000番台のスピニングリールを組合わせます。
道糸は、ナイロン1~3号で、竿とリールに合ったサイズを使用します。
例えば…
1.5号竿⇒2000番台リール⇒2号道糸
3号竿⇒3000番台リール⇒3号道糸
(ここはあまりこだわらなくても大丈夫です)

磯竿とリール
②のべ竿を使う方法

4~6mの硬調渓流竿がお勧めです。
竿の自重はできるだけ軽い方がよいのですが、軽い竿≒高い竿になりますので、目安として150g以下のものを選びましょう。

延べ竿
オモリ

仕掛けの最下部に付くのがオモリです。
2~4号程度でよいでしょう。
まきエサを使う場合は、オモリ付きのカゴを使用します。

オモリ
仕掛け

市販の専用胴突き仕掛けを購入します。

  • 上下に広い棚を狙う為に、ある程度仕掛け自体の長さがあった方がよいです。
    (80~180cm)
  • 針の数:7~10本
  • 針の号数:0.5~2.5号

リールを使う場合は、この他に、ウキ止め、糸、シモリ玉、ウキ(3~5号程度)、スナップ付サルカンが必要です。
【仕掛図】をご参照ください)

市販仕掛けウキその他
その他

  • バケツ・バッカン:釣った魚を入れておく
  • 竿立て
  • クーラーBOX:小型でOK
  • 餌入れ:広くて浅い、容器のふたが扱いやすいです
  • 密閉できるビニール袋:魚を持ち帰る時に使います
  • 折りたたみイス
  • 手を拭く為のタオル
  • ハサミ:小型で先が細いタイプ
  • 食料・飲料
竿立て
竿立て
エサ入れ
餌入れ用のふた

仕掛図

リールを使う方法

リールを使う仕掛図

のべ竿を使う方法

延べ竿を使う仕掛図

餌はこれ

サシ系、赤虫などが主な餌となります。

サシ系では通常サイズの白サシ、赤サシなどが一般的です。
値段は150円程度。

更に少し小型のラビットウォームがよく釣れる餌として人気があります。
値段は少し高めで300~400円程です。

また、赤虫もよく釣れる餌のひとつで、写真のもので200円程度です。

サシ虫ラビットウォーム赤虫
まきエサを使う場合は、右のような専用の餌があります。

当サイトの「川・湖沼釣りの餌」ページも参考にしてみてください。

ワカサギ用コマセ餌

釣ってみよう

リールを使う方法
1

ウキの浮力より重いオモリを付けて仕掛けを沈め、ウキ下を調整します。
オモリが底より少しだけ上に来るようにします。
調整後、オモリを元に戻します。
※但し、朝夕のまづめ時には、ワカサギの群れが水面に見える場合があります。
その時にはウキ下を目一杯短くして、最初から表層を狙います。

2

針にエサをつけます。
白サシ、赤サシあれば、ハサミで半分に切って使います。
ラビットウォームなどの小型サシであれば、一匹をそのまま使いいます。
全ての針に同様につけていきます。

餌付け
3

仕掛けを投入します。
仕掛けが着水して落ち切ったらウキが立つ事を確認してリールのベイルを戻します。
ウキが立たない場合は、ウキ下が長すぎる(オモリが着底している)ので、再度調整します。
ウキが道糸に絡まって立たない事もありますので、それも確認してみましょう。

4

ウキをウォッチし、アタリを見極めます。
何度やっても全くアタリがない場合は、ウキ下を少しずつ短くして様子をみます。
また、時々シャクリを入れてエサをアピールします。

5

ウキがチョンチョンと動いたらアタリです。
ただ、この時点ではまだ我慢です。ウキの動きが連続したものに変わったら、アワセ無しで糸を巻きます。
何匹付いているか、上げてみてのお楽しみ!

のべ竿を使う方法
1

針に餌をつけます。
白サシ、赤サシあれば、ハサミで半分に切って使います。
ラビットウォームなどの小型サシであれば、一匹をそのまま使いいます。
全ての針に同様につけていきます。

エサ付け
2

オモリを手でつかみ、振り子の要領で仕掛けを前に振り出します。

3

仕掛けが落ち切ったら、10秒に1回くらいの割合で、10cm~20cm程のシャクリを入れ、エサをアピールします。
※喰い気が旺盛な時は、シャクリを入れなくても喰いつきます。

4

竿先にチョンチョンというアタリがあっても我慢です。
これが連続したものに変わったら、仕掛けを引き上げます。
アタリは竿先の動きでもわかりますし、竿から手元に伝わってくる振動でもわかります。

釣る際のポイント

  • 仕掛けを上げた都度、または10分に一回はアタリが無くても仕掛けを上げて餌の状態を見ます。餌がヘタッとなっていたら。餌を付け替えます。喰いが渋い時ほど、餌はこまめに交換するようにしましょう。
  • それでもアタリが極端に少ない場合は(場所によって可能であれば)仕掛けを投入する場所、つまり釣り場を変えてみましょう。
    但し、日中の昼間などどうしても喰いが悪い時間はあります。
    そんな時は竿を置いた状態にして、ご飯やおやつを食べたり音楽を聴いたりしてくつろぐのもよいでしょう。
    のんびり釣りができるのが、ワカサギ釣りのよいところです。
    (音楽を聴く場合は、周りの人に迷惑が掛からない程度の音量にしましょう)
  • 逆に一度に何匹も連なって釣れる時は数を稼ぐチャンスです。
    手早く釣り上げた魚を外して、新しい餌を付け、すぐに仕掛けを同じ棚に投入ましょう。
  • 釣った魚はバケツかバッカンなどに一旦入れておきますが、最後には持ってきたビニール袋に魚を移します。
    そしてビニール袋ごとクーラーボックスに入れて持ち帰ります。

    ワカサギ釣りは比較的寒いシーズンの釣りなので、家が近い場合はクーラーボックスも必要ないでしょう。
    または食品用のクーラーバッグ(スーパー等に置いてあるもの)でもよいでしょう。

持ち帰ったワカサギは早速天ぷらや唐揚げにして食べましょう。
激ウマですよ!


[Amazon PR] ワカサギ釣りアイテム



関連記事

  • ワカサギ釣り-桟橋・ボート釣りワカサギ釣り-桟橋・ボート釣り ワカサギを釣る方法には大きく分けて二通りあります。一つは、岸から比較的長いのべ竿や磯竿を使って、仕掛けを投入する方法、もう一つは、桟橋、船やボート、氷上から、非常に短い専用竿を使って仕掛けを直下に垂らす方法です。ここでは後者の方法を紹介します。 […]
  • ワカサギの天ぷらワカサギの天ぷら 誰でもすぐにできるワカサギの天ぷら。ウロコや内臓を取り除く必要がないので、現場で簡単にできます。
  • フライドワカポテフライドワカポテ フライドポテトと揚げたてのワカサギを、お好みのスパイスにまぶして食べるお手軽フードです。
  • 野鯉の吸い込み釣り野鯉の吸い込み釣り 野生の鯉を『野鯉』と言います。川の下流域・汽水域を悠遊と泳ぐ、時には1mを超えるような大きな野鯉を釣る方法の一つが『吸い込み釣り』です。一見取っ付き難そうな感じがするかもしれませんが、実は意外と簡単に始められて、意外と簡単に釣れます。あなたも大物野鯉釣りに挑戦してみませんか? […]
  • 川での投げ釣り…巨大コイ他川での投げ釣り…巨大コイ他 大きい川の下流域では投げ釣りで大きなコイやスズキ、そして場所によっては、大陸原産のソウギョやハクレン等も釣れる様です。簡単に釣れるものではありませんが、海の沿岸域ではありえないメーター越えの魚も夢ではありません。 […]
  • 用水路のザリガニ釣り用水路のザリガニ釣り 小さい頃が懐かしい?誰でも簡単に釣れるザリガニ釣りです。やり方によってはゲーム性もあり、面白いですよ。お子さんや仲間と一緒に、ザリガニ釣り競争も楽しいですよ! […]

このページの先頭へ