タコテンヤの作り方

トップ写真

タコ釣りに必要な『タコテンヤ』を自分で作る方法を詳しくお教えします。
釣具屋さんで買うと500-1,500円はするし、根掛りでロストすることもあります。
本格的にタコ釣りをやってみたい方は、タコテンヤを自作してみては如何でしょう?
自分なりのカスタマイズをしてみても面白いでしょう。
自作タコテンヤでタコが釣れると感激すること間違いなしですよ!

【作り方】へジャンプ
【塗装(オプション)】へジャンプ

材料と工具類

地元で入手困難なものは、ネットで購入できますよ。
記事途中で商品紹介していますので、そちらもご覧ください。

1.タコハリ

専用のハリを用意してください。
ハリには「かえし」があったほうがいいのですが、根掛りしやすい場所では、それが致命傷になります。
なので、「かえし」の無いハリを使うほうが無難でしょう。

1-1_タコハリ
2.オモリ

上の写真は専用オモリとして販売されているものです。
但し、オモリについては専用に拘る必要性は無いものと思います。

写真下のようなその他オモリでも問題ありません。

1-2_タコオモリ1-3_タコオモリ他
3.ベース木

複合材や柔らかいバルサ材を除き、通常ホームセンターで販売されている木材でOKです。
お薦めは水に強い『赤松』材です。

1個のサイズ(縦150mm x 横24mm x 厚さ6mm)通り、予めホームセンターで加工してもらうと楽です。

1-4_ベース木材
4.サルカン

大き目のもの(1-3号程度)を用意してください。

1-5_サルカン
5.ステンレス線

通常の針金でなく、錆にくいステンレス線を用意します。

ハリ・オモリ固定用(線径1.2mm x 27cm/個)とエサ固定用(線径0.45mm x 50cm/個)の2種類必要です。

正確に上記サイズでなくても構いませんが、作業性や強度を考慮して行きついたサイズとなっています。

1-6_ステンレス線
6.瞬間接着剤

通常のものでも十分強力なので、特別なものは必要ありません。
ジェルタイプでなく、液体タイプのものを使います。

1-7_瞬間接着剤
7.工具類

のこぎり、ドリル(+1.5mm程度のビット)、彫刻刀(平型)、ペンチ、ラジペン、ニッパー
その他写真にはありませんが、定規と鉛筆も必要です。
ドリル用のポンチもあれば便利です。

1-8_工具類
8.塗装セット(オプション)

ベース木を塗装すると長持ちします。
塗装する場合は、塗料、筆、皿、うすめ液などを用意します。

いろいろな塗料が販売されていますが、釣り具用の塗料であれば間違いないでしょう。

また折角塗装するからには、目立つ赤色などの塗料を使いたいところです。
タコは人間並みに視力があり、色も識別すると言われています。

1-9_塗装セット

[Amazon PR] タコテンヤ材料

作り方

1.
ベース木に線引きします。
詳細は、下の寸法図を確認してください。
2-1_線引き2-2_ベース木の寸法図(キャプチャ)
2.
のこぎりで角を取ります。(根掛り軽減対策です)
2-3_角取り
3.
平型彫刻刀を使って、
左右それぞれ5か所に引っ掛け用の溝をV字型に彫ります。
2-4_引っ掛け溝彫り
4.
ポンチを使って、穴をあけるところに窪みを付けます。
穴あけ作業を正確に行う為の事前作業ですが省略可です。
(±1mm程度でしたら穴位置がずれても構いません)
2-5_ポンチ(省略可)
5.
ドリルに1.5mm程度のビットを装着して穴を開けます。
全部で6か所あります。
2-6_穴開け
6.
ベース木作業完了です。
2-7_ベース木下地完成
7.
太い方(1.2mm)のステンレス線を4cmにカットしたものを二つ作ります。
2-8_ステン線カット
8.
カットした線の真ん中をラジペンでつまみ、両サイドの端を指で挟みながら折り曲げます。
2-9_ステン線折り曲げ
9.
タコハリをセットして、折り曲げた線を差し込みます。
2-10_タコハリセット
10.
表側の線を押さえつけつつ、反対側に飛び出ている線を指で折り曲げます。
写真のように、お互いが内側に曲がるようにします。
これでタコハリが固定されます。
(注:折り曲げた線が重ならないようにしてください)
2-11_タコハリ固定
11.
太い方(1.2mm)のステンレス線を19cmにカットします。(一本のみ)
それを写真の様に、14cm – 1cm – 4cmと90度に曲げます。
2-12_ステン線カット&折り曲げ
12.
写真の様に、オモリとサルカンを通しつつ、ベース木の裏側から通します。
2-13_ステン線セット
13.
通し切ったら長い方の線の根本をラジペンで掴みつつ、ハリ側に90度倒し折り曲げます。
2-14_ステン線セット2
14.
短い方の線を長い方の線に巻き付けて固定します。
2-15_ステン線セット完成
15.
ハリ側裏面交差部に瞬間接着剤を塗布し接続を強化します。
2-16_接着剤塗布
16.
細い方のステンレス線(0.45mm)を50㎝程度にカットし、先端をオモリ側の輪に巻き付けます
2-17_エサ固定用ステン線取り付け
17.
だらんとなっている細い方の線をベース木に巻き付けて、さあ完成です!
2-18_完成!
塗装(オプション)

必須ではありませんが、ベース木に塗装すると長持ちします。

1.
塗料と少しのうすめ液を皿に入れ混ぜ合わせます(→塗り易い粘度に)
最初の内は塗料の使う量が分からないと思いますが、後で注ぎ足せるので少ない量から開始してください。
3-1_塗料準備

2.
3回程塗り重ねます。一度塗ったら少し乾かし、それを繰り返します。
(軽く乾かないうちに上から重ねると、まだらになり綺麗に塗れません)
3-2_塗り始め

3.
3回塗り重ねたら、丸々1日乾燥させます。
3-3_塗装完了

4.
部品を組み込むと完成です。
絵心がある方は、自分の好きな絵を書いてもいいですね。
自分だけのタコテンヤになりますよ。
3-4_部品組み込み後(完成)


自作タコテンヤで釣れたタコ

自作テンヤで釣れたタコ

変更履歴
2015年6月27日 エサ固定用のステンレス線の直径を0.35mmから0.45mmのものに変更しました。(断線対策)

[Amazon PR] やっぱり自作は面倒という方はこちら



関連記事

  • 夜釣りの為のLED投光器セット作り夜釣りの為のLED投光器セット作り 日中ではめったにお目にかかれない大物が釣れるのが夜釣りです。夜釣りの中でも海面に光を当て獲物を呼び寄せて釣るやり方では、集魚灯や投光器が必要になります。ここでは、投光器を自作する方法を紹介します。DIYが好きな方は是非ともお試しあれ。 […]
  • 意外と身近なタコと対決!意外と身近なタコと対決! テンヤ仕掛けを使い、防波堤でタコを釣ってみましょう。初心者の方でも要領を掴めば、実は簡単に釣れるんですよ!
  • カラスミの作り方カラスミの作り方 日本の三大珍味の一つであるカラスミは、ボラの卵巣から作ります。ボラの産卵期は、10月~1月と言われており、その期間に釣れるボラのお腹には、ぽってりとした卵巣が入っている可能性があります。卵を抱えたボラが釣れたら是非ともカラスミを作ってみましょう。 […]
  • チヌ(黒鯛)とキビレ(キチヌ)の見分け方チヌ(黒鯛)とキビレ(キチヌ)の見分け方 あなたはチヌとキビレを見分けられますか?ヒレが黄色いのがキビレ、そうでないのがチヌ!確かにそうなのですが、それだけだと黄色味が薄かったら、判断に迷うかも?ここでは、確実にかつ一瞬でチヌとキビレを見分ける方法をお教えします。 […]
  • 海釣りの餌海釣りの餌 海釣りでは、魚種および釣法により多様なエサを使います。ここでは疑似餌を除く、死に餌、生き餌、そして粉餌を中心に紹介します。虫餌が苦手な女性でも使える餌が沢山ありますので、是非色々なエサを使って、多くの魚を狙ってみてください。 […]
  • 釣り用語釣り用語 主にこのサイトで使用している釣り用語を解説します。釣りをしているとよく他の釣り客や通りがかりの人に話しかけられますが、用語を理解していれば会話が成立し、また正確な情報を入手することができます。是非覚えてくださいね。 […]

このページの先頭へ