ボラの竜田揚げ

0_ボラの竜田揚げ_TOP写真

ボラの肉厚な身は竜田揚げに最適!
定番のフライもいいけど、柔らかくてホクホク美味しい竜田揚げもお薦め!
是非ともトライしてみてください。

大きなボラなら、半身を刺身、残り半身を竜田揚げにするのも手ですよ。


※釣り場で下処理した状態からスタートします。
下処理の方法は、→『ボラ料理のポイント』頁をご参照ください。

※このレシピでは、皮を引いていますが、皮を残して竜田揚げを作っても美味しく頂けます。

1.
まずボラをまな板に置きます。頭、ウロコ、内臓、尾ビレは既に釣り場で取り除いてあります。

2_ボラまな板ON

2.
魚体を横に置き、断面の中骨のすぐ上から包丁を入れていきます。

3_カット開始

3.
太い背骨に当たるところまで切り目を入れつつ、肛門付近のラインまで包丁を進めます。

4_背骨までカット

4.
身を持ち上げ、包丁の先で背骨周りの身を切り離していきます。
この時、料理人のように一発で決めようとする必要はありません。細かく丁寧に作業をしましょう。

5_背骨周り切り離し

5.
次に肛門付近に包丁を先を出し、背中側・腹側を一度で切り込みます。
この時、尾ビレ側の末端まで切り離すのではなく、1cm程残しておきます。

6_尾ビレ方向にカット

6.
尾ビレ側の身と中骨の間に指を差し込み、魚体がずれないよう維持しながら、残りの中骨接続部分をカットします。
大きなボラほど、骨が太く硬いので、包丁の扱いには注意してください。

7_Uターン

そして最後に、尾ビレ側の繋がっている部分をカットすると2枚おろし完了です。
ここまでの順を図にすると以下の様なります。

図_ボラおろし順

7.
次に、裏面は尾ビレ側から切り込み入れます。この時も同様に、端の1cm程度は残しておきます。

8_反対側開始

8.
肛門ラインまで切り進めたら、背中→背骨周り→中骨接続部の順に切ります。

9_反対側途中

9.
3枚おろし完了しました。

10_3枚下ろし完了

10.
半身それぞれの腹骨を削ぎ落します。
この時、ギリギリに削ぎ落とそうとすると腹骨にぶつかりますので、思い切って5mm程度の余裕を持って落とします。

11_腹骨削ぎ取り

11.
半身それぞれの小骨を骨抜きで取り除きます。
他の一般的な魚と違って、小骨があるのは頭側近くだけです。指の腹で確認しながら作業しましょう。

12_小骨取り

12.
皮を剥がします。
この時、5mm程内側から包丁を入れ、その皮側に残った身部分を押えながら作業するとやり易いです。
 
13_皮剥がし途中

ボラの皮は大変強いので、多少のことでは切れません。
包丁は皮ギリギリのところにセットして、奥・手前に繰り返し動かしつつ、皮を強く引っ張ります。
感覚的には、包丁はサポート役で、皮を切り離すのではなく、皮を剥がす感じです。

13.
柵(さく)ができました。

14_ボラ柵

14.
柵を適当なサイズのブロックに切ります。

15_適当なサイズにカット

15.
ブロックをビニール袋に入れて、生姜を擦り下ろします。

16_生姜擦り下ろし

16.
醤油を一回し掛け、袋の口を塞いで揉みこみます。

17_醤油投入そして揉みこみ

17.
片栗粉を少しずつ加えて、身全体に粉が被るようにします。

18_片栗粉投入

18.
170度位に熱した油に投入していきます。

19_油に投入

19.
キツネ色になってきたら、順次すくい上げ、油を切ります。

20_油で揚げる

20.
レタスなどの野菜を敷いた器に盛り付けて出来上がり!
味が付いているので、何も付けずにお召し上がりください。

21_ボラの竜田揚げ出来上がり
 
 
<応用レシピ1>
山盛りパクチーに竜田揚げを混ぜ、タイ国産甘辛チリソースを掛けて、「タイ風竜田揚げサラダ」もお薦め!
タイ風竜田揚げサラダ

<応用レシピ2>
あんかけで中華風に。玉ねぎ1/2個を薄切りにして、サラダ油で炒め、あんの材料(写真下に記載※とろみ用以外)を投入、混ぜ合わせる。煮立ったら火を止め、とろみ用水溶き片栗粉を混ぜながら投入。出来たあんを竜田揚げに掛けて出来上がり。お好みに応じて、香菜(パクチー)を散らしても美味しいですよ。
追加2_餡かけバージョン

あんの材料:水 300ml, 醤油 大さじ1杯, オイスターソース 大さじ1/2杯, 砂糖 大さじ1/2杯, 鶏ガラだしの素 小さじ2杯, おろし生姜 小さじ2杯, お好みに応じて、一味唐辛子 小さじ1杯, とろみ用(片栗粉 大さじ1杯, 水 大さじ2杯)
 
 

クレイジーフィッシングでは、ボラの『食べ尽し』を提案しています。
竜田揚げの他、皮とボラのへその串焼き珍味ウロコの素揚げアラ煮刺身味噌生姜鍋などボラを余すことなく食べ尽す料理を紹介していますので、合わせてご覧くださいませ。
 
 

[PR Amazon] ボラ料理に使える道具



関連記事

  • ゴンズイの竜田揚げゴンズイの竜田揚げ 骨まで無駄なく、そして美味しく食べられるゴンズイの竜田揚げレシピです。毒棘などをしっかり処理して、優良食材のゴンズイを美味しく頂きましょう! […]
  • ボラ味噌生姜鍋ボラ味噌生姜鍋 ボラはクセの無い白身魚ですので、刺身、洗い、フライ等、何にしてもよし。ここでは寒い時期に寒ボラを楽しむための温まる味噌生姜鍋を紹介します。 […]
  • アジ(鯵)の竜田揚げアジ(鯵)の竜田揚げ カリッとサクサクのアジの竜田揚げを釣りの現場で作ってみましょう。
  • ボラのウロコ素揚げボラのウロコ素揚げ ウロコって、魚料理では邪魔な存在ですよね。ボラのウロコは一粒のサイズが大きいので、素揚げにすると美味しく頂けます。洗って、揚げるだけなので簡単!かつ美味しい!ウロコ素揚げ是非ともトライしてみてください。 […]
  • ボラのアラ煮ボラのアラ煮 臭いボラを食べる?ましてやアラまで?とお思いのあなた、その考えを改める時が来ましたよ!ボラの身は勿論、アラも大変美味しいのです。騙されたと思って、一度やってみて! […]
  • カラスミの作り方カラスミの作り方 日本の三大珍味の一つであるカラスミは、ボラの卵巣から作ります。ボラの産卵期は、10月~1月と言われており、その期間に釣れるボラのお腹には、ぽってりとした卵巣が入っている可能性があります。卵を抱えたボラが釣れたら是非ともカラスミを作ってみましょう。 […]

このページの先頭へ