小アジのタタキTOP写真

釣れたばかりの新鮮なアジを、薬味と一緒に「タタキ」で美味しくいただきましょう。

防波堤などで手軽に釣れる12cmから15cm程度の小アジを使って、ぜひ作ってみてください。
小アジでも大きなアジに負けない美味しさ、一度食べたらリピート間違い無しです!

※クレイジーフィッシングの料理ページは当初『釣りの現場でやる料理』をコンセプトにしていた為、当ページは現場でやることを意識した内容となっています。

<関連記事> まずは釣らなきゃ!


材料

以下の材料を用意します。

  • 小アジ
  • 万能ねぎ・やっこねぎ
  • 大葉・青シソ
  • 生姜(しょうが)
  • 醤油(しょうゆ)

アジのタタキ1

分量は、写真を参考に適宜調整してください。
細かな分量は気にする必要はありません。

作り方手順

  1. 万能ねぎ・やっこねぎ(以下「ねぎ」と略)は小口切り、大葉・青シソ(以下「シソ」と略)は細切り、生姜はみじん切りにします。
    アジは3枚におろし、身の部分を使います。
    おろし方については、アジの刺身の記事↓をご参照ください。

    tataki2

    <関連記事> アジの刺身の作り方

  2. アジを5mm幅位に切っていきます。

    tataki3

  3. 写真のような感じで、全てのアジを切っていきましょう。

    tataki4

  4. 切り終わりました。

    tataki5

  5. 細切りにしたシソに、小口切りにしたねぎ、そしてみじん切りにした生姜を混ぜます(薬味)。

    tataki6

  6. その中へ先程切ったアジを投入します。

    tataki8

  7. 薬味とアジをまんべんなく混ぜ合わせます。

    tataki9

  8. 醤油をくるっと一周分かけ、混ぜ合わせます。

    syouyu

  9. 皿にシソを敷きます。

    tataki10

  10. その上に、先程のタタキを盛って、出来上がりです。

    tataki_final

ごま油と塩で味付けするバージョン

スタンダードの醤油味付けは鉄板ですが、ごま油と塩で味付けるバージョンもあります。

tataki_goma

gomatatakifinal

アジの旨味とゴマ油のコクが合わさって、これも激ウマです。


[Amazon PR] アジ料理に使える道具