五目釣りTOP写真

何も船に乗らなくても身近な防波堤で、いろいろな魚が釣れます。
一つの仕掛けで、いろいろな魚を狙っちゃう方法を紹介します。

五目どころか時と場所によっては、十目以上釣れることもありますよ!
楽しい釣りですので、ご家族で是非ともトライしてみてくださいね。


こんな魚が釣れます

アジ、イワシ、サバ、メバル、ウミタナゴ、クロダイ(チヌ)、マダイ(チャリコ)、カサゴ(ガシラ)、ベラ、フグ、キス、カレイ、ヒラメ、スズキ、ゴンズイ、ハオコゼ、ボラ、ハゼ、ウグイ、etc. *地域によって異なります。

道具を揃えよう!

竿

とりあえず竿にはあまりこだわらないのですが、投げ竿・または2号以上の磯竿が良いでしょう。

五目釣りの竿

リール

スピニングリールを用意します。
大物がかかることもあるので、ドラグ機能はついていたほうがいいでしょう。
1000番~3000番が扱い易いでしょう。

五目釣りのリール

仕掛けセット

市販のものが便利です。
上中層、そして下層を一つの仕掛けで狙っちゃうというもので、『ボウズのがれ』シリーズ等があります。
オモリが付いていない仕掛けの場合、別にオモリも用意します。

ボウズのがれ

エサ

底や下層を狙う為の虫エサと仕掛けによっては、中層から上層を狙うオキアミがあれば完璧です。
虫エサはイソメやゴカイが一般的です。
オキアミは、ボイルタイプがエサもちが良くてお薦めです。
仕掛けのハリがサビキになっている場合は、オキアミは無くても構いません。

ゴカイ

オキアミ

釣ってみよう!

市販仕掛けセットの裏を見ると仕掛け作りの仕方を記載していますので、そちらを参考にしながら仕掛けを作ります。
基本的には道糸に繋ぐだけです。
仕掛けにオモリがついていない場合は10号程度のオモリをセットします。

底の方のハリには虫エサをつけます。
上層・中層のハリで、サビキタイプになっていないものには、オキアミをつけます。

仕掛け(エサ付)

仕掛けの投入ですが、お薦めは防波堤の際(きわ)に落とすやり方です。
防波堤の際は捨石も多く、また防波堤自体が空間のある構造体になっていることもあり、際が一大ポイントなのです。
際が駄目なら少し沖に投げてみても良いでしょう。

後はアタリがあるまで待つのみ。
ただし、付けエサは長くは持ちませんので、アタリが全く無くとも10分に1回は取り替えるようにします。

最初に書いた通り、いろいろな魚がかかる可能性があります。
何が釣れるかはお楽しみ。五目釣りをエンジョイしてください!


[Amazon PR] 五目釣りアイテム