suzuki1 【名称】
 スズキ(出世魚)
 セイゴ、フッコ、ハネ等
  地域により異なる
【釣場】
  防波堤、河口等
【地域】
  北海道~九州
【時期】
  周年
【サイズ】
  最大1m超

シーバス(スズキ)と言えば、今では海のルアーフィッシングの代表格的な魚です。
でもここではルアーではなく生きエサを使って、渋く防波堤の際(きわ)で釣る方法を紹介します。
“待ち”の釣りです。

<関連記事>


<ショートカット>
仕掛け図へジャンプ
釣ってみようへジャンプ


道具を揃えよう

竿

3号以上の磯竿がお薦めです。
磯竿が無ければ、投げ竿やルアー竿でも構いません。

suzuki2
リール/ 道糸(ライン)

2000~3000番台のドラグ付スピニングリールに、3号~4号のナイロンラインを巻きます。

suzuki3
針/ ハリス

ハリス付きチヌ針が便利です。
ハリは3~5号、ハリスは2号/長さ45cm~1.5mのものがお薦めです。
慣れてきたら針とハリスを別々に購入し自分で結べるように練習しましょう。

suzuki4
ウキ

5~10号の大浮力のウキを使います。
ウキの先端にケミホタル等の発光体を装着できるタイプや電気ウキであれば、比較的釣れる夜釣りに対応できます。

suzuki5
サルカン/ スナップ付きサルカン
道糸とハリスを結ぶ為に使います。
またスナップサルカンは、ウキの接続に使います。
suzuki6
ウキ留め

ウキ下の長さ調節に使います。
糸タイプとゴムタイプがあります。
低摩擦の糸タイプがお薦めです。
あまり糸が太いと竿のラインガイドに干渉し、仕掛けが遠くに飛ばなくなりますので注意してください。

suzuki8
ゴム管

ウキ下に入れクッションの役割をします。
その他に中通しオモリも用意します。
(3-5号程度)

suzuki9
シモリ玉

ウキ留めとウキ(スナップサルカン)の間に入れます。
これがあることにより小さなウキ留めでもウキを確実に留めることができます。

suzuki10
玉網(たまあみ)

「タモ」とも言います。
スズキの大物が釣れた時に必要なツールです。
防波堤では海面と足場に高低差がありますので、海面まで届く長さが必要です。
伸縮タイプで4~6メートルあれば大抵は間に合います。

suzuki11
エサ&活かしグッズ

イワシ、キビナゴおよびアジ等の小魚が良いでしょう。
(イワシはちょっと弱いです)
活かしておく為のケースや電池作動のエアポンプも必要です。

*写真の水汲みバッカンはネットが装着されており、水汲み以外にも魚を入れて海中に入れておけば魚を生かしておける便利グッズです。

suzuki12suzuki13

[Amazon PR] 泳がせ釣りに使える道具

仕掛け図

下図を参考に仕掛けを作ってみましょう。

suzuki_pic_resized1

具体的な仕掛けの作り方は、こちらが参考になります。

釣ってみよう


ウキ下を2m位にセットします。
またドラグを調整します。
suzuki14

エサにする生きた魚の背中にハリをかけます。
中骨に達するような深い位置にハリを刺さない様注意します。
一気に弱ってしまいます。
写真では分かりにくいですが、カタクチイワシをエサにしていますので、上あごの硬い部分にハリをかけています。
suzki15

エサを防波堤の際(1~5m)にそっと落とします。
後は他の人の仕掛けに干渉しない程度に自由に泳がせます。
あまり沖の方に行かないように、糸の長さで制限しておきます。
suzuki16

ウキがグイッっと引き込まれたら、一呼吸待って、合わせます。

掛かったら竿と糸を90度に保ちながらリールを巻きます。
大物スズキが相手なら慌てて無理巻きすることは禁物です。
糸が出て行くような強い引きの時は無理せず竿の角度をキープし耐え、引きが弱くなったタイミングで巻いていきます。

タモ(玉網)で取り込みます。
suzuki17
*写真の魚は40cm超のハネです^^;

※この釣りは夕まずめ時から夜も含み朝まずめまでの時間が勝負です。
スズキは防波堤の際に寄ってきます。

suuzki18

※エサの魚が極端に弱ってきたら、交換します。

※エサは生きていますので浮力が弱いウキでは、エサの動きでウキが海中に消えてしまいます。
ウキの浮力はある程度大きいものが必要です。