メッキ

【名称】ギンガメアジ(メッキ)
【釣場】防波堤等
【地域】南日本
【時期】周年(特に秋口)
【サイズ】小型中心(20-30cm)


カマス

【名称】カマス
【釣場】防波堤等
【地域】本州中部以南
【時期】春~秋
【サイズ】20-40cm位


一昔前はルアー釣りと言えば、川や湖でマス類を釣るのが一般的でした。
最近では、若者に人気のブラックバス釣り、海ではシーバス(スズキ)釣り等に人気が集まっています。

この記事ではシーバスでなく、もっと小さな魚をターゲットにルアーで釣る簡単な方法「ライトゲーム」と呼ばれる面白い釣りを紹介します。
対象魚によっては、釣れる時期は限られていますが、とにかく魚がいれば釣れる簡単な釣りです。

こんな魚も釣れます

  1. ムツ
    釣れるのは夜が中心になります。

    ムツ

  2. カンパチ
    トップウォーター(水面)でのチェイスが楽しめます。

    カンパチ

  3. ソウダカツオ
    上層を群れで泳いでいるのを見かけたら、すかさずルアーを投入です。

    ソウダカツオ

道具を揃えよう!

  1. 竿
    陸・海ルアー竿、エギング竿、メバリング竿、アジング竿等、ルアー系のロッドなら何でも良いでしょう。
    但し、あまり硬い竿や重い竿は扱い難いので避けた方が良いでしょう。

    メバリングロッド
    メバリングロッド
  2. リール
    スピニングリール(~3000番)を用意します。
    大物をターゲットにしていないので、ドラグ機能はついていなくても構いません。
    (3000円以上のリールには大抵付いている機能です)

    スピニングリール

  3. ルアー(疑似餌)
    対象魚は、フィッシュイーター(魚を食べる魚)ですので、魚の形をした小型ミノータイプのルアー(写真上)がお薦めです。

    疑似餌3種類

  4. スナップ付きサルカン
    複数のルアーを持っている場合、これが無いとルアー交換時にイチイチ結びなおさなければなりません。
    但し、目立たない様にできるだけ小型の物を使います。

    スナップ付サルカン

  5. 必須アイテムは以上です。
    その他、下記アイテムがあれば、便利です。

  6. ウエストバッグ
    タオルや小物類を入れておきます。
    両手を塞がないので、頻繁に移動するルアー釣りには便利です。

    ウエストバッグ

  7. ルアーケース
    ウエストバッグやポケットに入る小型サイズ(収納5個程度でOK)で、200円程度から売っています。

    ルアーケース

  8. 小物類
    釣った魚を持ち帰る為のビニール袋やハサミ等の小物類です。
    必要に応じて用意しましょう。

    小物類

仕掛け図

下図を参考に仕掛けをつくってみましょう。

仕掛図

ここではナイロンのライン(道糸)を想定しますが、勿論PEライン(0.3-1号)でもOKです。
PEラインを使う場合は、別途クリア色のリーダーが必要になります。


[Amazon PR] ルアー釣りアイテム

釣ってみよう!

メッキやカマスは、小さな群れで行動しています。
釣り情報誌等で情報を入手し、釣り場に向かいましょう。
群れが来ていれば、水面でイワシやキビナゴを捕食するバシャバシャという動きが見られます。

実際の釣りは、難しく考える必要ありません。
ルアーを投入し、引いてくる(リールを巻く)だけです。

更に上達するには、ルアーに動きをつける練習をします。
ルアーによって、水中・水面での動きが異なります。
購入したルアーの説明書に従いルアーに動きをつけてみましょう。

普通状態の魚、弱って変則的な動きをする魚等をイメージして、動きをつけてみます。
イワシやキビナゴの動きは、実物の動きを見て参考にします。

ミノーで釣れたメッキ
ミノーで釣れたメッキ
ミノーで釣れたカマス
ミノーで釣れたカマス