カレイ

【名称】 カレイ(マガレイ・イシガレイ
     スナガレイ等種類多数)
     ※上写真はイシガレイ
【釣場】 砂浜、防波堤等
【地域】 日本各地
【時期】 春~初冬
【サイズ】種類により20~60cm


キス

【名称】 キス(シロギス)
【釣場】 砂浜、防波堤等
【地域】 日本各地
【時期】 周年(春~夏が好期)
【サイズ】 10~30cm


一昔前は、海でのルアー釣りは一般的ではなかったですし、遊動式ウキ釣りもありませんでした。
釣り人は、エサを海底に放り投げて、後は竿先を見ながら待つだけという投げ釣りが一般的でした。

今では、投げ釣りでも競技キス釣りやブッ込み釣り等に細分化されていますが、ここでは細かいことにはこだわらない、簡単なちょい投げ釣りを紹介します。


道具をそろえよう!

  1. 竿

    竿先が固めのものなら、何でもOK。
    遠投に拘る方は、遠投に向いた長い竿にします。
    1.8m程の短竿でも十分釣りはできます。
    勿論、ルアー竿でもOKです。
    投げ釣り竿

  2. リール

    1000~4000番台のスピニングリール
    短い竿なら、1000~2000番台で、更に道糸はナイロンの2号以上がいいでしょう。
    リール

  3. 仕掛け

    ケース1:市販の仕掛けセットを使う。
    仕掛け

    ケース2:”テンビン”とハリス付き針を使う。
    天秤

  4. オモリ

    いろいろな形がありますが、最初はあまり拘らないで使ってみましょう。
    短い竿なら、10~15号程度がいいでしょう。

    軽すぎると糸を張れないし、重すぎると竿に負荷が掛かり過ぎます。
    また、風が強いときは、少し重めのオモリを使います。
    オモリ

  5. エサ

    エサ持ちがいい虫系のエサを使います。
    イソメ・ゴカイが一般的です。
    500円程度のパックを買えば、大抵一日持ちます。
    虫エサ

  6. 竿立て

    投げ釣りは、竿先でアタリを見ます。
    それには竿を立てる必要がありますので、竿立てを是非とも用意したいですね。
    専用の竿立てが無くてもそれに代わるものがあればOKです。
    竿立て

仕掛図

テンビンを使ったカレイ・キス釣りの仕掛け、または胴突き仕掛けが一般的で、尚かつオススメです。
投げ釣り仕掛図

多種多様な仕掛けが販売(価格:200-400円程度)されていますので、自分で作るより購入したほうが楽です。


[Amazon PR] ちょい投げ釣りアイテム


釣ってみよう!

  1. 仕掛けをセットし、エサを付けます。
    ゴカイ・イソメは頭から針を差込ます。
    小さな牙で攻撃してくる方が頭です。
    エサ付け
    青イソメ噛む
  2. 仕掛けを海に投げ込みます。
    この時、糸が止まってから、リールのベールを戻します。
  3. 竿を竿立てに置きます。
    (竿立てを事前にセットして置きましょう)
  4. リールをゆっくり巻きながら、糸のたるみを取りピンと張ります。
  5. 後は竿先を見ながら、待ちます。
    竿先に鈴を付けるとアタリの見逃しを防げます。
    竿先
  6. アタリがあったら、竿をしゃくってアワセます。
    後は一気にリールを巻いて取り込みましょう。
    魚が掛かって無くてもアタリがあった場合、エサが取られている可能性が高いのでリールを巻いて仕掛けを確認します。

釣りのポイント

  • 全くアタリが無くてもエサが無い可能性がありますので、10分に一度はエサの有無を確認しましょう。
  • エサは元気な方が魚の食い気をそそります。
    量に余裕があるならば、こまめに元気なエサに付け替えます
  • キス釣りの場合、仕掛を遠くに飛ばし、その仕掛けを手前にズルズル引きずりながら、広く探る方法がお薦めです。
    キスは群れでいるので、一度釣れたポイントは記憶しておき、次以降もその近辺を探ります。