川での投げ釣りTOP写真

大きい川の下流域では投げ釣りで大きなコイやスズキ、そして場所によっては、大陸原産のソウギョやハクレン等も釣れる様です。
簡単に釣れるものではありませんが、海の沿岸域ではありえないメーター越えの魚も夢ではありません。

巨大魚釣りのロマンを求めて、下流域での投げ釣りをトライしてみませんか?
まずは50cm越えのコイを目標に頑張りましょう。

<関連記事>

場所を見つけよう!

1.
地元の新聞・情報誌・釣具店またはネットで情報を入手しましょう。
2.
沖縄を除き、どこの地方にもそれなりに大きな川があるものです。
下流域の幅が50m以上、濁りがある近くの川は全て釣り場といえます。
※右写真は、和歌山の熊野川です
熊野川
3.
具体的河川名と魚の名前(例:コイ)をキーワードにインターネットで検索をかけてみましょう。
かなりヒットするはずです。そこから情報入手しましょう。
4.
場所を絞れば、後は実際に釣り場に向かいましょう。他に釣り人がいれば、遠慮なく状況を聞いてみましょう。

仕掛け図

海での投げ釣り仕掛けと基本的には変わりません。
ただ、大物に備え丈夫な竿や仕掛けを準備しましょう。
※巨大コイに対応した専用の竿やリールもありますが、高価なので買うのはよほどハマッたときでも遅くはありません。

川での投げ釣り仕掛図

道糸は、4号以上はほしいところです。

エサは大き目のミミズで良いでしょう。
コイは雑食性なので、ご飯・コーン・食パン・青イソメ・石ゴカイ・タニシなど、いろいろなものがエサになります。

※その他にダンゴを使う釣り方(吸い込み釣り)があります。

釣ってみよう!

1.
仕掛けを作り、リールのドラグを竿や糸の強さを考慮し調整します。
竿立てをセットします。
竿立て
2.
エサのミミズを付けます。
エサ付け
3.
エサが付いた仕掛けをポイントに投入し待ちます。
大きな川だからと遠くに投げようとする必要はありません。
コイ等は日常の通り道がある様で、それを見つけることが釣果につながります。

まずはいろいろなところに投げて、様子を見てみましょう。
(複数のタックルを用意すると更に釣果が上がります)
川の際で植物が茂っている深みがあれば、ポイントの一つと言えます。

4.
竿先がアタリを示しても我慢!
前アタリの後に、竿を持っていくような本アタリが来た時に、竿を大きく振り上げ、大アワセします。
5.
掛かったら、竿を常に高く上げた状態を維持しつつ魚を手前に寄せてきます。
でも相手は大きな魚です。無理をせず疲れるのを待ちます
何時間掛かっても取り込むぞ!という気持ちと根気が必要です。

いよいよ疲れて手前に寄ったら、タモですくいあげます。

kawanage5

[Amazon PR] 本格的にカープフィッシングをやりたい方はこちら