キスの天ぷら

ten_top

キス料理と言ったら、やはり天ぷらが人気。
事前準備をしておけば、天ぷらを釣ったその場で簡単に楽しめますよ。
勿論、持ち帰って料理を楽しむのも良し。
激ウマです!

ten_1ten_2 1.
【事前準備】

市販の天ぷら粉を使って、衣用の液を作ります。(分量はそれぞれの製品の説明書きに従ってください)

衣液は密閉型保存袋に入れます。
二重にすると漏れ防止になりますよ。

この衣液をクーラーボックスに入れ、現場へ出発です!

ten1 2.
ここからが、現場での作業になります。

まず、キスのウロコを取り除きます。
尾びれの方から、丁寧に取っていきましょう。

ten2 3.
次に頭を落とします。
胸びれの後ろから包丁を斜めに入れていきます。
反対側も同様にして包丁を入れ、斜めに切り落とします。
ten3 4.
包丁を斜めに入れたので、切り落とした頭の断面はこのようになります。

こうする事により、後に中骨を取り除きやすくなります。

ten4 5.
尾の方から中骨の丁度上辺りに包丁を入れ、背の部分を徐々に開いていきます。

この時、包丁の刃先が腹側に貫通しないように気を付けます。

包丁は中骨に沿って、少し押しつける感じで進めます。

ten5 6.
このようになります。
ten6 7.
内臓を包丁で丁寧に取り除きます。
ten7 8.
取り除きました。
ten8 9.
内臓を取り除いた身を写真のように裏返します。
ten9 10.
中骨を取り除きます。

中骨の上に包丁を入れ、少し押しつける感じでそのまま刃を尾びれの方向へ滑らせます。

ten10 11.
尾びれの手前で包丁を立て、中骨を切り落とします。
ten11 12.
尾びれの手前で包丁を立て、中骨を切り落とします。
ten12 13.
腹骨を削ぎ落します。
ten13 14.
腹骨が取れました。
ten14 15.
腹びれを手で取り除き、さばきは終了です。
きれいな水で汚れを落とします。
ten15 16.
残りのキスも同様にしてさばいていきます。

大きなキスの場合は、この後小骨を取り除く作業がありますが、通常サイズのキスの場合はこのまま揚げてしまって大丈夫です。

ten16 17.
カセットコンロにフライパンを乗せ、油を2センチ弱入れ点火します(中火)。

クーラーボックスに入れておいた衣液も取り出しましょう。

ten17 18.
先程さばいたキスに衣液をつけていきます。
ten18 19.
油の温度をチェックします。

菜箸を入れて、周囲に細かい泡が出るようになったら、いよいよキスを投入します。

ten19 20.
どんどん揚げていきましょう。

サイズと油の温度にもよりますが、
通常サイズだったら2分くらいで揚がります。

ten20 21.
油を切り、シソ等をあしらった皿に盛って完成です!

揚げたてアツアツを頂きましょう!


[Amazon PR] まな板 てんぷら粉 油処理剤



関連記事

  • キスの刺身キスの刺身 新鮮なキスの刺身の作り方を紹介しています。上品な美味しさをぜひ試してみてください。
  • キスの皮料理キスの皮料理 天ぷらや刺身で食べたら大変美味しいキス。あまり知られていませんが、実は『皮』も美味しい部位の一つなんです。ここでは、3種類の皮を使った料理を紹介します。 […]
  • ゴンズイの天ぷらゴンズイの天ぷら フワフワボリューミーなゴンズイの天ぷらレシピです。毒棘をしっかり処理して、優良食材のゴンズイを美味しく頂きましょう!
  • ハゼの天ぷらハゼの天ぷら 夏~晩秋、そして数は減りますが初冬まで楽しめるハゼ釣り。釣った魚は勿論美味しく頂きましょう。ハゼ釣りで一番お薦めは天ぷらです。子供から大人まで楽しめるハゼ釣り、そして天ぷらも家族全員で食べて大満足。天ぷらのレシピを詳しく紹介しています。 […]
  • ワカサギの天ぷらワカサギの天ぷら 誰でもすぐにできるワカサギの天ぷら。ウロコや内臓を取り除く必要がないので、現場で簡単にできます。
  • 黒鯛(チヌ)の刺身黒鯛(チヌ)の刺身 新鮮な黒鯛(チヌ)は、やはり一度は刺身で食べてみたいもの。晩秋から冬にかけては脂が乗って、更には臭みも少なく絶品です。真鯛に負けない美味しさを味わえますよ! […]

このページの先頭へ