カサゴ(ガシラ)の煮付け

gashi_eye

旨味の詰まったカサゴの白身は煮付けにぴったりです。

別ページで紹介しているイワシの煮付け同様に、事前準備さえしておけば、現場で簡単に作れます。
ぷりぷりの食感を堪能しましょう!


n1 1.
まずは煮汁を準備しましょう。

【材料】
醤油
料理酒
みりん
生姜

写真にはありませんが密閉型保存袋も用意します。

n2 2.
水   5
料理酒   1
醤油  1 
みりん 1

上記の割合で煮汁を作ります。

n3 3.
生姜も細切りにしておきます。
n4 4.
細切りにした生姜と準備した煮汁を密閉型保存袋に入れます。
二重にすると漏れ防止になりますよ。
ここまでが釣行前の準備になります。

この煮汁をクーラーボックスに入れて釣り場へ向かいましょう!

gashi1 5.
ここからが現場での作業です。

まず、カサゴのウロコを取り除きましょう。

gashi2 6.
尾びれの方から丁寧に取っていきます。
gashi3 7.
こんな感じになりました。
gashi4 8.
次に内臓を取り除きます。肛門の部分から包丁を入れ、腹を割いていきます。
割いたら指で内臓を掻き出します。
gashi5 9.
取れました。
gashi6 10.
次はエラを取り除きます。
gashi7 11.
このように指を引掛け、丁寧に引っ張ります。
gashi8 12.
とれました。

魚のサイズが大きくなると、指ではなかなか取れにくくなります。
その場合は、エラの付け根に包丁を入れて切り取りましょう。

gashi9 13.
こんな感じ。
gashi10 14.
残りのカサゴも同様に下ごしらえを行います。
gashi11 15.
カサゴの準備ができたら、いよいよ調理開始です。

カセットコンロをセットし、事前に準備していた煮汁を鍋(または小ぶりのフライパン)に入れます。

gashi12 16.
全て入れたら点火します。
gashi13 17.
煮立ってきました。
gashi14 18.
カサゴをそっと投入します。
gashi15 19.
本来ならここで落とし蓋をしますが、現場料理なので不必要なものは極力省きます。
gashi16 20.
様子を見ながら中火で10分程度(魚の大きさで都度調整してください)煮ます。

途中で裏返す場合は、煮崩れしないように気をつけてください。

gashi17 21.
出来上がりました!

皿に盛り、上から煮汁をかけ、生姜をあしらって、いただきます!

現場調理は、必ず火気を使用しても大丈夫な場所か確認の上行ってください。

また、周囲に幼児などがいない事も確認し、安全な場所で調理してください。


[Amazon PR] 煮付け作りに使える道具



関連記事

  • カサゴ(ガシラ)の唐揚げカサゴ(ガシラ)の唐揚げ 小ぶりのカサゴ(ガシラ)は、唐揚げに最適です。丸ごと揚げて、熱々をガブっと豪快にいただきましょう。頭から骨まで全て食べられるし、旨みたっぷりで酒の肴(アテ)にも最適です。 […]
  • カサゴ(ガシラ)のみそ汁カサゴ(ガシラ)のみそ汁 新鮮なガシラで美味しいダシの出る味噌汁を作ってみませんか?
  • カサゴ料理のポイントカサゴ料理のポイント 旨い!カサゴ(ガシラ)の釣り魚料理を紹介しています。現場で簡単に調理できるものばかり。ぜひ試してみてください
  • 足元注意のテトラ釣り…カサゴ(ガシラ)足元注意のテトラ釣り…カサゴ(ガシラ) 初心者でも簡単に釣れ、しかも食べて美味しいカサゴ(ガシラ)の釣り方をご紹介。
  • イワシの煮付けイワシの煮付け 簡単な準備さえしておけば、釣り場ですぐにできるイワシの煮付けです。
  • ボラの竜田揚げボラの竜田揚げ ボラの肉厚な身は竜田揚げに最適!定番のフライもいいけど、柔らかくてホクホク美味しい竜田揚げもお薦め!是非ともトライしてみてください。 […]

このページの先頭へ