黒鯛(チヌ)の紀州釣り - ウキなし

un1*左上の魚はヘダイです 【名称】
 黒鯛 クロダイ
 チヌ(関西)
【釣場】
 磯、防波堤等
 (沿岸の砂泥地)
【地域】
 北海道南部以南
 日本各地
【時期】
 春~初冬
 (地域によっては周年)
【サイズ】
 最大70cm程度

紀州(現和歌山県)ではじまった、黒鯛(チヌ)をダンゴで釣る方法を紀州釣りといいます。
特にエサ取りの多い夏場に威力を発揮するいくつかある黒鯛(チヌ)釣りの中でも優れた釣法の一つです。
ここでは、手軽に防波堤でできるダンゴだけのシンプルな紀州釣りを紹介します。

ウキとダンゴを組み合わせた釣法(紀州釣り- ウキ有)はこちら


【仕掛けを作ろう】へジャンプ
【仕掛図】へジャンプ
【ダンゴを作ろう!】へジャンプ
【黒鯛を釣ろう!】へジャンプ

まずは準備から

竿・ロッド

竿先が柔らかい竿を使います。
微妙なアタリを逃すことなくキャッチする為には必須アイテムです。
また、ガイドの輪が小さいタイプが良いです。
ダンゴを投入する時に、空中でふわっとした道糸がガイドに引っかかることがよくあります。

un2
リール/ 道糸(ライン)

2000~3000番台のドラグ付スピニングリールに、視認性の良い色付き2~3号のナイロン磯用ラインを巻きます。
レバーブレーキ付きのものもありますが中上級者向けです。
黒鯛(チヌ)専用のものは必要ありません。

un3
針/ ハリス

ハリス付きチヌ針が便利です。
針は2~4号、ハリスは1~2号/長さ1.5~2mのものがお薦めです。
慣れてきたら針とハリスを別々に購入し自分で結べるよう練習しましょう。

un4
割ビシ&ガン玉

ウキの浮力、エサの落下速度および遠投性を考慮して取り付けます。
割ビシ&ガン玉は個々にサイズを揃えるより、写真の様なセットを購入すると便利です。

un5
サルカン(より戻し)

道糸とハリスを接続する為に使います。

un6
バッカン

ダンゴを作る時にこの中にエサの粉類を入れ、混ぜ合わせます。
ダンボールに入ったダンゴエサを使う場合は、これを使わなくてもいけます。

un7
パイプ椅子

竿先の微妙なアタリを見逃すことなくじっと見つめ、アタリがあればすかさずアワセる必要があります。
椅子に座り常に竿を構えます。
勿論クーラーBOXでも代用できます。

un9
柄杓(ヒシャク)

ダンゴを遠投する場合、右写真の上の様なダンゴ投入用ヒシャクを使います。
遠投はできませんが素手で投げる場合はこれは不要となります。

un10
玉網(たまあみ)

「タモ」とも言います。大物が釣れた時に必要なツールです。
防波堤では海面と足場に高低差がありますので、海面まで届く長さが必要です。
伸縮タイプで4~6メートルあれば大抵は間に合います。

un11
ダンゴエサ

写真の様なウェットタイプで、即使えるダンゴエサが便利です。
ベテランの方は、独自の配合で楽しんでおられますが、初心者には難しいです。
水の配合を間違えるとダンゴが簡単に割れたり、逆に海底でいつまでも強固に割れなかったりします。

un12
付けエサ

やはりオキアミが食いが良く、扱い安いのでお薦めです。

un13


[PR Amazon] 黒鯛(チヌ)釣りに使えるアイテム

仕掛けを作ろう!

1.
竿にリールをセットし、道糸を竿の全てのガイドに通します。
2.
道糸の先端をサルカンに結び、またハリスの先端をサルカンのもう片方に結びます。
un14
3.
潮の流れが強い時または風が強い時は、崩れたダンゴから離れた付けエサがそのダンゴから離れ過ぎ無い様、ハリスの途中(ハリから30cm程上)にガン玉を打ちます。
通常は無くても構いません。
un15
以上、仕掛け作り完了です。簡単ですね。

仕掛け図

chinu_dango1

ダンゴを作ろう!

1.
オキアミをハリに付けます。通常尾の部分から体内に差込ます。
un16
2.
片手でダンゴエサを握り少し固めてから親指で真ん中を開きます。
*綺麗に開く必要はありません。
un17
3.
ハリを通したオキアミを割ったダンゴの中へ入れます。
un18
4.
割れ目を閉じ、一旦片手で軽く握り直します。
その後、もう片方の手で好みの量のダンゴエサを少し取り付け足します。
un19
5.
両手で強めに握ります。おにぎりを作る要領です。
握りの回数が多い程、割れにくいダンゴができます。
un20
6.
出来上がりました。

多少粉っぽいですが問題ありません。

un21
7.
投入用のヒシャクにセットします。
投げた時に割れない様、ヒシャクの形に合った形・大きさのダンゴを作ります。

防波堤でダンゴを真下に落とす場合は、ヒシャクは不要です。

un22
以上でダンゴ作り完了です。

黒鯛(チヌ)を釣ろう

1.
片手で竿を持ち、もう片方の手でダンゴの乗ったヒシャクを持ちます。
2.
糸を目一杯引き出し、竿先は下げておきます。
3.
ヒシャクを構え、エイっ!と投げ込みます。
ダンゴが空中に舞い、たるんでいた道糸がピンと張ります。
そのタイミングで竿先を上げ道糸の角度と竿の角度を合わせます。
(道糸に対する竿の摩擦を小さくする為です)
防波堤のキワ(真下)に落とす場合は、手でボトンと落とします。

狙うポイント
かなり遠投する人、キワにボトンと落とす人、人それぞれです。
同じ場所に何度も通って他の釣り師を見ながら、どこがポイントか探るのが好釣果の秘訣でしょう。

4.
ダンゴが着水したら、ダンゴは下に沈んでいきます。
糸が引き続き送り込まれますので、糸の動きに干渉しないよう注意します。
5.
糸の出が止まれば着底のサインです。
竿先を上げ、糸との角度を90度位に保ちます。
また同時にゆっくりリールを巻き、たるみを取ります。
6.
軟らかい竿先が少し撓(しな)る位の状態をキープし、アタリを待ちます。
un23
7.
ダンゴには、クロダイだけでなくボラ等も集まってきます。
それら魚がダンゴを突つきだすと、竿先にいろいろな反応が出てきます。
ここで見極めなければならないのですが、ダンゴが突かれ動いた時の反応とダンゴが割れエサに魚が食いついた時の反応が似ているのです。
経験を積んでいくしかありません。
最初の内は、竿先がグイーッと引き込まれた時に合わせるようにします。
エサがダンゴから離れると、糸が弛みます。
その後のアタリは間違いなく魚が食いついたものですので、わかりやすいです。
8.
アタリが来たら、竿を大きく振り上げアワセます。
黒鯛(チヌ)の口は硬いので、軽く合わせるとハリの食い込みが不十分で外れてしまうこともあります。
注意しましょう。
アタリが無ければ、再度ダンゴを作って同じ場所に投入します。
あちこちバラバラに投入しては、魚が散ってしまいます。
ダンゴの集中投入がミソです。
9.
アワセて魚が掛かれば、竿は立てた状態(竿と糸の角度が約90度)をキープしリールで糸を巻きます。
この時、糸を緩めてはけません。
10.
黒鯛(チヌ)が手前に寄ってきたら、魚の顔を水面から出し空気を吸わせます。
この時点でおとなしくなることが多いです。
un24
11.
玉網を細いほうから伸ばし、網部分を水中に入れます。
この時、黒鯛(チヌ)の頭が向いている方向に網を入れます。竿を少し下げると魚は網の中に入っていきます。
魚が入ったら竿を置き、玉網の太い部分から順に収納しつつ魚を引き上げます。
注:玉網のロッドが伸びた状態で、尚且つ魚を入れたまま強引に持ち上げると、玉網ロッドが折れてしまいます。
47cm黒鯛まだまだです。目標は50cmオーバー!
un25キビレ(キチヌ)も掛かります。

魚が集まりだすと、とにかくよく竿先が動きます。
その中から本当のアタリをキャッチするのは経験が必要です。
何だか小難しいことを言っていますが、日頃の楽しい釣りがそのまま経験になっていきます。
肩肘はらず、気軽にやってみましょう。黒鯛(チヌ)釣りは楽しいですよ!



関連記事

  • 黒鯛(チヌ)の紀州釣り - ウキあり黒鯛(チヌ)の紀州釣り - ウキあり 餌取りに強く、数あるチヌ釣りの中でも優れた釣法である紀州釣り。ここではウキを使う方法を説明します。
  • 黒鯛(チヌ)のウキ釣り黒鯛(チヌ)のウキ釣り 狙うポイント・タナを自在に攻略できる黒鯛のウキ釣り(フカセ釣り)。非常に人気の高い優れた釣法です。初心者の方でもはじめられるように詳しく解説しています。 […]
  • 夜のブッコミ釣り…スズキ、クロダイ等夜のブッコミ釣り…スズキ、クロダイ等 警戒心が強い大物のクロダイ(チヌ)やスズキは、日中なかなか釣れません。 これが夜だと意外と簡単に釣れます。大物狙いの夜のブッコミ釣り、是非お試しください! […]
  • ヌカ切り釣りヌカ切り釣り 片手で握るヌカ団子の中に餌を入れ、上層のエサ取りをかわしつつ、中層・下層にいるより大きなアイゴ(バリコ)やメジナ(グレ)を釣る和歌山ではよく行われている釣法を紹介します。 […]
  • 黒鯛(チヌ)料理のポイント黒鯛(チヌ)料理のポイント 多くの釣り人が嬉々として狙う黒鯛。釣り場で適切に締めてその場で食べるも良し、持ち帰って料理に凝るのも良し。癖が無い味なので、料理方法は無数にあります。このページでは、美味しい黒鯛の見分け方、釣った現場での締め方、食材として見方、等々、料理に関係するポイントを紹介しています。 […]
  • 黒鯛(チヌ)のアクアパッツァ黒鯛(チヌ)のアクアパッツァ クセが無く美味しい白味魚である黒鯛(チヌ)の切り身を使って、簡単に本格的イタリアンのアクアパッツァを作ってみましょう!意外と簡単で驚くほど美味しいアクアパッツァ、是非ともお試しください。 […]

このページの先頭へ